【Ubuntu 18.04 LTS Server】インストールする

スポンサーリンク

Ubuntu 18.04 LTS が、2018年4月26日(日本時間27日)にリリースされた。

そこで、新規に「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールしたので備忘録を残す。

インストール媒体の入手

下記URLから、インストーラのISOファイルを入手してDVDなどに書き込む。

Ubuntu Server - for scale out workloads | Ubuntu
Secure, fast and economically scalable, Ubuntu helps you make the most of your infrastructure. Whether you want to deploy a cloud or a web farm, Ubuntu Server s...

インストール

上記で作成したインストールディスクを、DVDドライブにセットしてコンピュータを再起動。

1)起動すると以下の言語選択画面が表示される。日本語はないようなので英語で進める。EnglishでRetキーを押す。
画像01

2)続いてキーボードの選択で「Jpanese」を選択する。(項目の移動はTABキー)
画像02

3)続いて「Install Ubuntu」を選択し進める。
画像13

4)ネットワーク設定画面となり、DHCP接続のままでよければそのまま進める。もし、固定IPにしたければ、次項で説明するように設定
画像14

5)あとは、デフォルトで進めていき、下記画面でよければ「Continue」を選択し進める。
画像03

6)続いてユーザ情報を入力し「Done」で進める。
画像04

7)インストールが終了すると画面が表示される。[Reboot Now] を選択してシステムを再起動。
画像05

固定IPにする場合の設定

「Ubuntu 18.04 LTS Server」では、インストール時に固定IPに設定する事ができる。DHCPで運用する場合は関係ないので読み飛ばす。

下記画面で、TABキーでインタフェース名の所に移動し Enterキー を押す。
画像41

下記画面のなるので、「Use a stain IPv4 Configuration」を選択し進める。
画像42

下記のように固定IP情報を入力し「Save」を押して進める。
画像43

下記の画面に戻るので,「Done」を押して進める。
画像44

あとは、前項で説明の 5)以降 に従う。

インストール後のネットワーク設定ファイル

固定IPに設定後の、ネットワーク設定ファイルの内容は下記となっていた。

$ cat /etc/netplan/50-cloud-init.yaml
# This file is generated from information provided by
# the datasource.  Changes to it will not persist across an instance.
# To disable cloud-init's network configuration capabilities, write a file
# /etc/cloud/cloud.cfg.d/99-disable-network-config.cfg with the following:
# network: {config: disabled}
network:
    ethernets:
        ens33:
            addresses:
            - 192.168.1.208/24
            gateway4: 192.168.1.1
            nameservers:
                addresses:
                - 192.168.1.1
                search: []
            optional: true
    version: 2
  • IPv6は自動設定をすると、下記の行が追加されている。
    dhcp6: true

起動画面

再起動すると、ログインプロンプトが表示されるので、インストール時に設定したユーザ名とパスワードを入力。
画像06

ログインすると下記の様な画面が表示。
画像07

私の環境では、インストール作業開始して起動完了するまでの時間は5〜10分程度でした。

パッケージの更新

下記コマンドで念の為、パッケージ更新をしておく。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
  • 時々、上記のコマンドを実行してOSを最新の状態にする。
【Ubuntu 18.04/16.04 LTS Server】aptパッケージ操作/サービス操作 コマンド
パッケージの更新・インストールパッケージの更新$ sudo apt update$ sudo apt upgradeパッケージのインストール$ sudo apt install <パッケージ名>パッケー...

CapsLockとControlキーを入れ替える

私は、Ctrlキーを多用するのでキー配置を変更する。

/etc/default/keyboard の設定ファイルに下記のように XKBOPTIONS="ctrl:nocaps" を記述して再起動。

$ sudo nano /etc/default/keyboard
# KEYBOARD CONFIGURATION FILE

# Consult the keyboard(5) manual page.

XKBMODEL="pc105"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS="ctrl:nocaps" 

BACKSPACE="guess"

再起動して有効にする。

$ sudo reboot

補足

  • PHPは、PHP7.2になっている。
  • Emacsは、Emacs25が標準aptパッケージからインストールできる。

関連記事

【Ubuntu 18.04 LTS Server】ネットワーク設定を固定IPに変更
以前の記事で、Ubuntu 18.04 LTS Serverをインストールした。「Ubuntu 18.04 LTS Server」ではインストール時に固定IPに設定できるが、DHCP自動取得でインストールした場合の固定IPに変更する手順に...
【Ubuntu 18.04 LTS Server】日本語環境にする(日本語ロケールとタイムゾーンの変更)
前の記事で「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。続いて、日本語表示するようにしたので備忘録を残す。日本語関連パッケージのインストール$ sudo apt install language-pa...
【Ubuntu 18.04 LTS Server】ノートPCで蓋を閉じてもサスペンドを防止
「Ubuntu 18.04 LTS Server」を、ノートパソコンにインストールした。一定時間無操作だったら液晶画面は消えるのかと思っていたら、ずっと表示しっぱなし。蓋を閉じてみると画面は消えるがサスペンド(スリープ)してしまう。...
【Ubuntu 18.04 LTS Server】Emacs25を使う
Ubuntu 18.04 LTS Server では、Emacs25は標準のaptパッケージからインストールできるようになった。Emacs25をインストール下記コマンドでインストール。$ sudo apt install e...
【Ubuntu 18.04 LTS】gcc, make などの開発ツールをインストールして使う
前の記事で「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。続いて、gccやmakeコマンドの開発ツールを使えるようにしたので備忘録を残す。尚、「Ubuntu 18.04 LTS Desktop」のターミナルでも手順は...
7-zip圧縮操作「7z」コマンドを使う
7zip圧縮ファイルを操作する「7z」コマンドを使えるようにしたので、備忘録を残す。1.macOSHomebrewで下記コマンドでインストール$ brew install p7zip2.msys2(Windows)pa...
【Ubuntu 18.04 LTS 】Git, SSH コマンドを使う
以前の記事で、Ubunt 18.04 LTS Serverをインストールした。そこで、Git及びSSHコマンドを試したので備忘録を残す。インストールGitとSSHコマンドは、「Ubuntu 18.04 LTS Server」では...
【Ubuntu 18.04 LTS Server】ARMのGCCコンパイル環境を構築する
以前の記事で、「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。そこで、ARM用のGCCコンパイラをインストールして使えるようにしたので備忘録を残す。ARMツールチェーンのインストール「gcc-arm-no...
【Ubuntu 18.04 LTS Server】時刻の同期について
Ubuntu 18.04 LTS Serverでの時刻の同期について、調べたので備忘録を残す。Ubuntuでの時刻同期についてUbuntu 18.04 LTS Serverでの時刻同期は、ntpdateを使わずにSystemdの機能...
【Ubuntu 18.04/16.04 LTS Server】rsyncサーバでバックアップ先にする
Ubuntu LTS Serverで、rsyncサーバを稼働させて、バックアップ先として動作するようにしたので備忘録を残す。インストールデフォルトで入っているのでインストールは不要。rsyncサーバを有効にする/etc/...
【Ubuntu 18.04/16.04 LTS Server】ClamAVで定期的にウイルスチェックし、メール通知する
前記事でUbuntu Serverをインストールしたが、念の為、アンチウイルスソフトウェア ClamAV をインストールし、定期的にチェックするようにする。追記(2018/6/2)Ubuntu 18.04 LTS Serverで...

参考

  1. Ubuntu 18.04 LTS インストール
  2. どうなる? Ubuntu18.04LTS!?
  3. Ubuntu 18.04 LTSの変更点
  4. Ubuntu 16.04 CapsLockをControlに置換する方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました