【Ubuntu 18.04 LTS Server】ARMのGCCコンパイル環境を構築する

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

以前の記事で、「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。
そこで、ARM用のGCCコンパイラをインストールして使えるようにしたので備忘録を残す。

Ubuntu 18.04 LTS が、4月26日(日本時間27日)にリリースされた。 そこで、新規に「Ubuntu 18.04 LTS S...

ARMツールチェーンのインストール

gcc-arm-none-eabi」パッケージをインストール。

$ sudo apt install gcc-arm-none-eabi
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  binutils-arm-none-eabi libisl15 libnewlib-arm-none-eabi libnewlib-dev
  libstdc++-arm-none-eabi-newlib
提案パッケージ:
  libnewlib-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  binutils-arm-none-eabi gcc-arm-none-eabi libisl15 libnewlib-arm-none-eabi libnewlib-dev
  libstdc++-arm-none-eabi-newlib
アップグレード: 0 個、新規インストール: 6 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
114 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 1,007 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n]y           <=== 'y'の入力でインストール開始

インストール完了したら、下記コマンドでコンパイラが実行できるか確認。

$ arm-none-eabi-gcc --version
arm-none-eabi-gcc (15:6.3.1+svn253039-1build1) 6.3.1 20170620
Copyright (C) 2016 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

コマンドの所在も確認しておく。

$ which arm-none-eabi-gcc
/usr/bin/arm-none-eabi-gcc

makeコマンドをインストール

「build-essential」パッケージをインストールしてなければ、makeコマンドが使えるように下記記事を参考にインストール。

前の記事で「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。 続いて、gccやmakeコマンドの開発ツールを使える...

試しにU-Bootをコンパイル

下記記事を参考に、Raspberry Pi用のU-bootをクロスコンパイルしてみる。

「Raspberry Pi」用に、u-bootをUbuntのLinux上でコンパイルする。ARMツールチェーンなどのコンパイル環境は、下記記...

補足

  • Newlibライブラリーも含まれている。
  • 「Ubuntu 16.04 LTS Server」でも、上記手順でインストールできるはず。

参考

  1. Ubuntu gcc-arm-none-eabi package
  2. gcc-arm-none-eabi – GCC cross compiler for ARM Cortex-A/R/M processors
  3. GNU Arm Embedded Toolchain
Ubuntu 18.04 LTS Server では、Emacs25は標準のaptパッケージからインストールできるようになった。 Em...
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする