【Ubuntu 18.04 LTS Server】Emacs25を使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

Ubuntu 18.04 LTS Server では、Emacs25は標準のaptパッケージからインストールできるようになった。

Ubuntu 18.04 LTS が、4月26日(日本時間27日)にリリースされた。 そこで、新規に「Ubuntu 18.04 LTS S...

Emacs25をインストール

下記コマンドでインストール。

$ sudo apt install emacs25
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  emacs25-bin-common emacs25-common emacs25-el emacsen-common fonts-droid-fallback
  fonts-noto-mono ghostscript gsfonts imagemagick-6-common libasound2 libasound2-data
  libcupsfilters1 libcupsimage2 libfftw3-double3 libgd3 libgif7 libgs9 libgs9-common
  libijs-0.35 libjbig2dec0 liblockfile-bin liblockfile1 liblqr-1-0 libltdl7 libm17n-0
  libmagickcore-6.q16-3 libmagickwand-6.q16-3 libotf0 libpaper-utils libpaper1 libwebp6
  libxpm4 libxt6 m17n-db poppler-data
提案パッケージ:
  emacs25-common-non-dfsg fonts-noto ghostscript-x libasound2-plugins alsa-utils libfftw3-bin
  libfftw3-dev libgd-tools m17n-docs libmagickcore-6.q16-3-extra poppler-utils
  fonts-japanese-mincho | fonts-ipafont-mincho fonts-japanese-gothic | fonts-ipafont-gothic
  fonts-arphic-ukai fonts-arphic-uming fonts-nanum
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  emacs25 emacs25-bin-common emacs25-common emacs25-el emacsen-common fonts-droid-fallback
  fonts-noto-mono ghostscript gsfonts imagemagick-6-common libasound2 libasound2-data
  libcupsfilters1 libcupsimage2 libfftw3-double3 libgd3 libgif7 libgs9 libgs9-common
  libijs-0.35 libjbig2dec0 liblockfile-bin liblockfile1 liblqr-1-0 libltdl7 libm17n-0
  libmagickcore-6.q16-3 libmagickwand-6.q16-3 libotf0 libpaper-utils libpaper1 libwebp6
  libxpm4 libxt6 m17n-db poppler-data
アップグレード: 0 個、新規インストール: 36 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
51.7 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 176 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n]

確認して「y」を入力して進める。

Emacsの起動

下記コマンドでEmacsが起動する事を確認。

$ emacs --version
GNU Emacs 25.2.2
Copyright (C) 2017 Free Software Foundation, Inc.
GNU Emacs comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You may redistribute copies of GNU Emacs
under the terms of the GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file named COPYING.

cmigemoをインストール

ローマ字のまま日本語検索できるように、下記コマンドでcmigemoをインストール。

$ sudo apt install cmigemo
前記事で、Emacs(macOS)での migemo の設定ついて紹介しが、Utuntu 16.04 Serverでも使えるようにしたので備...

agコマンドをインストール

agの高速検索が使えると何かと便利なので、下記コマンドでインストール。

$ sudo apt install silversearcher-ag
grepコマンドみたいな感じで、高速に動作する「ag」コマンドを使えるようにしたので、備忘録を残す。 1.macOS Homebrewで...

Emacs初期設定ファイル

初期設定ファイル(~/.emacs.d/init.el)は、関連記事を参考。
私は、Emacsの設定ファイル類はGitリポジトリ管理しWindows,macOSで共有している。それらのファイルをGitHubに登録公開しているので、下記コマンドでそれを取得して使う。

$ git clone https://github.com/jr4qpv/dot.emacs.d.git ~/.emacs.d
これまで紹介してきた、私の使ってるEmacsの初期設定ファイル「~/.emacs.d/」をGitHub(下記URL)に公開した。macOS,...

Emacsを常駐して高速化する

ログイン時に常駐する設定とEmacs起動用alias設定を、上で紹介した初期設定ファイルの中に含めているので、下記設定を ~/.bashrc に追加。

# Emacs setting
if [ -f ~/.emacs.d/etc/linux/emacs_env.sh ] ; then
  source ~/.emacs.d/etc/linux/emacs_env.sh
fi

再ログインすると有効になる。

Emacsはお世辞にも起動時間は早いとは言えない。特に、init-loaderを使って初期設定ファイルを機能分割してファイル数が増えてきたり...

Emacsでファイルを編集してみる

上記の常駐設定するスクリプトを実行してあるとエイリアスが定義してあり、「e」だけで常駐してあるEmacsが起動できる。

$ e test.txt

画像02

  • Emacsの終了は、C-x C-c キーを押す。

関連記事

  1. 【Ubuntu 18.04 LTS Server】Ubuntu 16.04 LTS Server からアップグレード
Ubuntu 18.04 LTS が、4月26日(日本時間27日)にリリースされた。 そこで、いままで利用していた Ubuntu 16.0...
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする