【Ubuntu 20.04 LTS Server】Ubuntu 18.04 LTS Server からアップグレード

スポンサーリンク

Ubuntu 20.04 LTS が、2020年4月24日にリリースされた。

そこで、いままで利用していた Ubuntu 18.04 LTS Server から「Ubuntu 20.04 LTS Server」にアップグレードしたので備忘録を残す。

2020/5/4追記

新規インストールする場合は、下記記事を参照。

【Ubuntu 20.04 LTS Server】新規にインストールする
Ubuntu 20.04 LTS が、2020年4月24日にリリースされた。先日の記事では Ubuntu 18.04 LTS Server からのアップグレードだったが、新規に「Ubuntu 20.04 LTS Server」をインスト...

Ubuntu 18.04 LTS Serverを最新の状態にする

20.04にアップグレードする前に下記コマンドを実行し、現状の18.04を最新の状態にする。

$ sudo apt update
$ sudo apt dist-upgrade
$ sudo apt autoremove

アップデートマネージャをインストール

下記コマンドを実行。私の環境ではインストール済みだった。

$ sudo apt install update-manager-core

設定ファイルの確認

/etc/update-manager/release-upgrades の設定ファイルが下記のようになっているのを確認。ltsとなっていなければ修正。

Prompt=lts
  • ltsにすることで新しいLTSがリリースされた時のみアップグレードできるようになる。
  • normalにすると、LTSかそうでないかに関係なく、新しいリリースが出され次第アップグレードができる。

アップグレードを実行

下記コマンドを実行する。SSHから遠隔接続でも実行できるようだが、念の為、サーバパソコンのコンソールから実行。

$ sudo do-release-upgrade -d

あとは、画面の指示に従って進めていく。

  • 何度か、処理を継続するか?と問い合わせがあるが、確認して y で進める。
  • 設定ファイルを新しくインストールするか?との問い合わせに対しては、変更したサービス関連については n として、現状のままで進めた。
  • 正式リリースされる前にアップグレードする場合は、「-d」オプションをつける。
  • 私の環境では、アップグレードを開始して終了まで、30分くらいかかった。

再起動してバージョン確認

アップグレードが完了すると、再起動するかと聞かれるので y で回答すると再起動する。
再起動後、ログインしてバージョンが「20.04」となっている事を確認する。

Welcome to Ubuntu 20.04 LTS (GNU/Linux 5.4.0-26-generic x86_64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com
 * Management:     https://landscape.canonical.com
 * Support:        https://ubuntu.com/advantage

  System information as of 2020年  4月 24日 金曜日 20:21:24 JST

  System load:              0.5
  Usage of /:               10.9% of 233.73GB
  Memory usage:             20%
  Swap usage:               0%
  Processes:                232
  Users logged in:          0
  IPv4 address for enp24s0: 192.168.1.xxx
  IPv6 address for enp24s0: 240b:253:240:a00:8e73:zzzz:yyyy:xxxx

 * Ubuntu 20.04 LTS is out, raising the bar on performance, security,
   and optimisation for Intel, AMD, Nvidia, ARM64 and Z15 as well as
   AWS, Azure and Google Cloud.

     https://ubuntu.com/blog/ubuntu-20-04-lts-arrives


0 updates can be installed immediately.
0 of these updates are security updates

PHP7.4に変更する

php -vコマンドで確認すると、PHPバージョンが7.2のままとなっていたので、Ubntu 20.04 でのデフォルトの PHP7.4 を下記コマンドでインストールして有効にする。

$ sudo apt install php
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
  libapache2-mod-php7.4 php7.4 php7.4-cli php7.4-json php7.4-opcache php7.4-readline
以下のパッケージは「削除」されます:
  libapache2-mod-php7.2 php7.2
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  libapache2-mod-php7.4 php php7.4 php7.4-cli php7.4-json php7.4-opcache php7.4-readline
アップグレード: 0 個、新規インストール: 7 個、削除: 2 個、保留: 0 個。
3,027 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 5,428 kB のディスク容量が消費されます。
続行しますか? [Y/n]

‘Y’を入力して続行する。

あと、WordPressを利用するので、下記もインストール。

$ sudo apt install php-fpm php-common php-mbstring php-xmlrpc php-gd php-xml php-mysql php-cli php-zip php-curl php-imagick
  • sudo a2enmod php7.4 は、実行しなくても、自動的に有効になってた。

Emacsの再インストール

20.04LTSではEmacs26が標準となっているので、以前の下記記事でインストールしたものは不要。

【Ubuntu 20.04/18.04 LTS Server】Emacsを使う
Ubuntu 18.04 LTS Server では、Emacsは標準のaptパッケージからインストールできるようになった。2020/07/12追記「Ubuntu 20.04 LTS Server」でも同様に利用できる事を確認し...

下記コマンドで、Emacsを再インストールする。

$ sudo apt autoremove
$ sudo apt install emacs

Emacsのバージョン確認。

$ emacs --version
GNU Emacs 26.3
Copyright (C) 2019 Free Software Foundation, Inc.
GNU Emacs comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You may redistribute copies of GNU Emacs
under the terms of the GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file named COPYING.

補足

  • 20.04がリリースされてインストール媒体は入手できるようになったが、ここで紹介した do-release-upgrade で正式に登録されるのは7月頃だそうです。それまでは、「-d」をつけて更新実行する必要がある。

関連記事

【Ubuntu 20.04/18.04 LTS Server】ノートPCで蓋を閉じてもサスペンドを防止
「Ubuntu 18.04 LTS Server」を、ノートパソコンにインストールした。一定時間無操作だったら液晶画面は消えるのかと思っていたら、ずっと表示しっぱなし。蓋を閉じてみると画面は消えるがサスペンド(スリープ)してしまう。...
【Ubuntu 18.04 LTS Server】Ubuntu 16.04 LTS Server からアップグレード
Ubuntu 18.04 LTS が、4月26日(日本時間27日)にリリースされた。そこで、いままで利用していた Ubuntu 16.04 LTS Server から「Ubuntu 18.04 LTS Server」にアップグレードした...

参考

  1. Ubuntu 公式サイト
  2. How To Upgrade Ubuntu To 20.04 LTS Focal Fossa
  3. Linuxディストリビューション「Ubuntu 20.04 LTS」リリース、2年ぶりの長期サポート版
  4. Ubuntu 20.04 その86 – Ubuntu 20.04.1 LTSのリリース日変更
  5. Ubuntu 18.04(LTS)→20.04(LTS)アップグレード方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました