【Ubuntu 22.04 Desktop】WinやMacパソコンからRDPでリモート接続し画面共有する

スポンサーリンク

前の記事で、Ubuntu 22.04 Desktopをインストールした。画面共有を有効にして、WindowsやMacパソコンからRDPでリモート接続して画面共有できるようにしたので備忘録を残す。

【Ubuntu 22.04 LTS Desktop】新規にインストールする
Ubuntu 22.04 LTS が、2022年4月21日にリリースされた。そこで、新規に「Ubuntu 22.04 LTS Desktop」をインストールしたので備忘録を残す。インストール媒体の入手「Ubuntu Deskt...

RDPとは、Windowsパソコンで使われているリモートデスクトップという画面共有の通信プロトコルの事で、Ubuntu 22.04 Desktopでは標準で接続サポートした模様。

Ubuntuの画面共有を有効にする

Ubuntuの画面共有を有効にする。

[設定] > [共有] を開き 「共有」 をオンにする。

画面01

「リモートデスクトップ(D)」 を押す。

画面02

[リモートデスクトップ]ウィンドウで、上記のように共有接続を「オン」にし、画面接続時のユーザ名とパスワードを設定。

設定が終わったら、念のため、Ubuntuパソコンを再起動する。

リモートデスクトップ接続ソフト

Microsoft標準の「リモートデスクトップ接続」ソフトから接続する。

Windowsパソコン

「リモートデスクトップ接続」ソフトを起動し、接続するUbuntuパソコンのIPアドレスを入力。

画像10

「▼オプションの表示」を押す。 

画像11

ここで、Ubuntu共有で設定したユーザ名を入力して、[接続]ボタンを押す。
尚、このユーザ名は、Microsoftアカウントで使っているユーザ名とは違うものにしないと認証エラーとなる模様。

画像13

上記画面が表示されるので [はい] を押すと資格情報入力ウインドウが表示されるのでパスワードを入力する。

画像15

無事に接続できた。

macOSパソコン

「Microsoft Remote Desktop」アプリを使って接続する。

画像20

接続エラー対策

ユーザ名にMicrosfotアカウントと同じユーザ名を使うと、下記のような認証エラーとなった。

画像12

異なるユーザ名を設定して使う事で、接続できるようになった。

補足

  • このRDP接続では、Ubuntuにログイン中の画面を表示する機能となっているので、ログインしていない状態では接続できない。なので常用したい場合は、自動ログインにして、画面ロック機能などを停止しておくなど工夫が必要。(但し、このような設定にすると離席中に他人に操作されるリスクもあるので注意が必要)

関連記事

【Ubuntu 20.04/18.04 Desktop】WinやMacパソコンからVNCでリモート接続し画面共有する
以前の記事で、Ubuntu Desktopをインストールした。画面共有を有効にして、WindowsやMacパソコンからVNCでリモート接続して画面共有できるようにしたので備忘録を残す。Ubuntuの画面共有を有効にするUbunt...
Intel NUC(小型PCベアボーンキット)で、Ubuntu Desktop を動かす
手のひらサイズの小型PCベアボーンキット「Intel NUC6CAYH」に、Ubuntu 18.04 Desktop をインストールして動かしたので備忘録を残す。 準備小型PCベアボーンキットと、メモリおよびSSDの部品を準備。...

参考

  1. Ubuntu 公式サイト
  2. 「Ubuntu 22.04 LTS」が「リモート デスクトップ接続」に対応したらしい
  3. [第713回 Ubuntu 22.04 LTSの新機能,リモートデスクトップのRDPサポートを使用する
  4. WindowsでUbuntu 22.04を操作する【リモートデスクトップ】

コメント

タイトルとURLをコピーしました