Intel NUC(小型PCベアボーンキット)で、Ubuntu 18.04 Desktop を動かす

スポンサーリンク

手のひらサイズの小型PCベアボーンキット「Intel NUC6CAYH」に、Ubuntu 18.04 Desktop をインストールして動かしたので備忘録を残す。

画像00 画像00

準備

小型PCベアボーンキットと、メモリおよびSSDの部品を準備。

1) 小型PCベアボーンキット

メモリとSSDは手持ちがあったので、それが使えそうなベアボーンキット「Intel NUC6CAYH」を選択した。搭載CPUは、Celeron J3455で4コア。

送料無料 Intel インテル NUC Celeron搭載 小型PCベアボーン 2.5インチ SSD/HDD対応 BOXNUC6CAYH(沖縄離島送料別途) :AINTBAR0000029:DEAR-I Yahoo!店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
【CPU】Intel Celeron J3455【メモリ】DDR3L-1866 SODIMM*2スロット【グラフィック】Intel HD Graphics 500/ HDMI*1/ VGA*1【オーディオ】ヘッドフォン/ マイクジャック、デュアルアレイマイク【インターフェース】USB3.0*4【ストレージ】2.5インチ...

2) メモリ

DDR3L-1600(PC3L-12800)メモリ 1.35V(低電圧) 4GB を2枚。

  • このNUCのマニュアル(Page19)に注意書きがあるが、4GBメモリの場合はSDRAMチップ数が裏表で合計4個か8個のものが対応。下写真のような16個のものは非対応なので注意。
    画像16

3) SSD

SSDドライブ(128GB)も手持ちがあったので、それを流用。

組み立て

メモリとSSDを取り付ける。

1) 裏蓋を開ける

裏蓋のネジ4カ所をはずして、裏蓋を外す。

画像02

2) メモリとSSDの取り付け

SSDブラケットと本体との間のケーブルが短いので注意して作業する。メモリをスロットに挿入。SSDはコネクタに挿入して添付してあったネジで4カ所を固定。

画像03

3) SSDブラケットを戻す

SSDブラケットを元の位置にはめ込む。

画像04

4) 裏蓋を閉める

裏蓋をはめてネジ止めしたら完成。

画像05

フロント面には、電源スイッチやUSBポートがある。

画像06

Ubuntu 18.04 LTS Desktop のインストール

BIOSの設定

電源スイッチを押して、F2キーでBIOS画面が表示する。基本的にはデフォルトでよいが、OS選択で「Windows」と「Linux」を選ぶところがあったので「Linux」を選択。それと外付けのUSB-DVDドライブからブートするように設定し、F10キーで保存して終了。

DVDからインストール

インストールDVDを作成して、外付けのDVDドライブをUSB接続して起動。インストール手順は、以前の記事を参照。

【Ubuntu 18.04 LTS Desktop】インストールする
Ubuntu 18.04 LTS が、4月26日(日本時間27日)にリリースされた。そこで、新規に「Ubuntu 18.04 LTS Desktop」をインストールしたので備忘録を残す。インストール媒体の入手下記URLから、イン...

起動画面

無事、Ubuntu Desktopが起動。

画像09

通常作業はサクサク動いて快適。以前の記事で紹介した「yt-kernel」などのソフト開発環境として利用する予定。

【T-Kernel】Raspberry Pi と Renesas RZ/T1 用の T-Kernel「yt-kernel」をGitHubに公開
以前の記事で紹介した、Raspberry Pi用にポーティングしたT-Kernel(rpi_t-kernel)の構成を見直し、RTOS(T-Kernel)部分のみを分離した「yt-kernel」をGitHubに公開した。概要T-Ke...

補足

  • VESAマウント取り付け用の金具も同梱されているので、柱や壁にもネジ止めできそう。
  • UbuntuはLTS版の18.04を使ったが、19.04でも大丈夫だと思う。

参考

  1. インテル® NUC キット NUC6CAYH
  2. 片手でもラクラク持てる”けっこう速い”デスクトップパソコン Intel NUC BOXNUC6CAYH (Celeron J3455) レビュー!
  3. NUC6CAYH | DEKWIND
  4. Technical Product Specifications for Intel® NUC Products | intel

コメント

タイトルとURLをコピーしました