【Ubuntu 18.04 Desktop】WinやMacパソコンからVNCでリモート接続し画面共有する

スポンサーリンク

以前の記事で、Ubuntu 18.04 Desktopをインストールした。画面共有を有効にして、WindowsやMacパソコンからVNCでリモート接続して画面共有できるようにしたので備忘録を残す。

Intel NUC(小型PCベアボーンキット)で、Ubuntu Desktop を動かす
手のひらサイズの小型PCベアボーンキット「Intel NUC6CAYH」に、Ubuntu 18.04 Desktop をインストールして動かしたので備忘録を残す。 準備小型PCベアボーンキットと、メモリおよびSSDの部品を準備。...

Ubuntuの画面共有を有効にする

Ubuntuの画面共有を有効にする。

画面01

[設定] > [共有] > 「リモートログイン(R)」 を押す。

画面02

[画面共有]ウィンドウで、上記のように共有接続を「オン」にし、画面接続時のパスワードを設定。

画面03

[画面共有] が 「アクティブ」 となる。

VNCクライアントソフトを準備

リモート接続するパソコンで、VNCビューワのクライアントソフトを準備する。

Windowsパソコン

下記URLから、VNCビューワのインストーラを入手しインストール。

Download VNC Viewer | VNC® Connect
Control VNC® enabled computers with VNC® Viewer.

実行し、新規接続から、接続先のUbuntuパソコンのIPアドレスを指定し接続する。

macOSパソコン

上記のVNCビューワを使ってもよいが、macOSでは標準で接続できる。Finderの右クリックメニュー「サーバへ接続…」から、下記のように接続先のIPアドレスを指定して [接続] を押す。

vnc://192.168.1.176

接続エラー対策

VNCビューワソフトを実行してリモート接続したら、下記のようなエラーが表示された。

【Windows10パソコンでのエラー】

画像05

【macOSパソコンでのエラー】

画像06

Ubuntu Desktopの設定変更で接続エラー対策

これは、UbuntuのVNCサーバーが暗号化通信を要求しているにもかかわらず、WinやMacのVNCクライアントが暗号化通信を使っていないのが原因らしく、Ubuntu側の設定を以下のように設定変更する事で接続できるようになる。

Ubuntu Desktopでターミナルを開いて、下記コマンドを実行。

$ sudo gsettings set org.gnome.Vino require-encryption false

上記設定したら、Ubuntuを再起動。

VNC接続例

Windows10パソコンからVNC接続した。「RealVNC Viewer」を起動。

画像11

接続登録しておいた「Ubuntu desktop」を押す。

画像12

設定したパスワードを入力。

画像13

無事に接続して画面共有できた。

補足

2020/5/17追記

Ubuntu 20.04 LTS Desktopで試してみたが、上記の方法では繋がらないようである。いまのところ対処方法が分からないが、進展があったら報告していきたい。

【Ubuntu 20.04 LTS Desktop】新規にインストールする
Ubuntu 20.04 LTS が、2020年4月24日にリリースされた。又、日本語Remix版は、2020年5月9日にリリースされた。そこで、新規に「Ubuntu 20.04 LTS Desktop」をインストールしたので備忘録を残...

参考

  1. Ubuntu 18.04の標準機能を使って、MacからVNC接続する
  2. Vino に Windows の VNC クライアントからアクセス出来ない時の対処法

コメント

タイトルとURLをコピーしました