【Windows10】L2TP/IPSecでリモート接続するVPN接続設定

スポンサーリンク

以前の記事で、ヤマハのルータ「RTX1210」で、外部からリモート接続する、L2TP/IPsecによるVPN接続を設定した。このLANに、外部のWindows10パソコンから、VPNリモート接続したので、設定手順について備忘録を残す。

【RTX1210】VPNによるリモート接続設定(L2TP/IPsec)
前の記事で、ヤマハのルータ「RTX1210」でインターネット通信できるようにした。続いて外部から家内のLANに接続する、L2TP/IPsecによるVPNリモート接続を設定したので備忘録を残す。ネットボランチDNSサービス登録イ...

VPN接続を追加

スタート > 設定 > ネットワークインターネット > VPN > 「VPN 接続設定を追加する」の + を押す。

画像01

「VPN接続の編集」 で接続情報を入力。

画像02

  • 接続名: 判りやすい名称を適当に入力
  • サーバ名またはアドレス: 接続先のURL又はIPアドレスを入力
  • VPNの種類: “事前共有キーを使った L2TP/IPsec” を選択
  • 事前共有キー: RTX1210に設定した共有キー
  • サインイン情報の種類: “ユーザ名とパスワード” を選択
  • ユーザ名: RTX1210に設定したユーザ名
  • パスワード: RTX1210に設定したパスワード

アダプターの設定変更

スタート > 設定 > ネットワークインターネット > VPN > 関連設定の「アダプターのオプションを変更する」を押す。

画像03

追加れた VPN接続 のプロパティーを以下のように設定。

セキュリティ

以下のように設定。

画像05

ネットワーク

IPv6通信プロトコルのチェックは外しておく。

画像06

Windows10 NATトラバーサルの設定

「レジストリエディタ」を起動し、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PolicyAgent」を開く。

画像10

AssumeUDPEncapsulationContextOnSendRule」のキーがあるか確認。設定が無ければ、右クリック→新規で[DWORD (32ビット)]で新規作成し「2」を設定。

画像11

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\PolicyAgent」のキーが「2」となってるのを確認。

画像12

PCを再起動する。

VPN接続する

作成した VPN接続 をクリックし、「接続」を押す。

画像20

接続が完了すると、“接続済み” と表示。

画像21

終了する時は、「切断」を押す。

hostsファイル設定

VPN接続先のサーバなどに名前でアクセスするには、「C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts」ファイルに下記のような定義を記述しておく。

192.168.10.11     server1
192.168.10.12     server2
  • Windows10では hosts ファイルは管理者モードでないと変更できないので、一度、デスクトップなどにコピーして編集して戻す。

関連記事

hostsファイル [新石器Wiki]

補足

  • NATトラバーサルの設定がされていない時は、以下のような接続エラーとなった。
    画像30
    画像31

参考

  1. L2TP/IPsecを使用したリモートアクセス : Web GUI設定
  2. Windows10でL2TP/IPSecのVPN接続をする方法
  3. 2.4.6. L2TP/IPsec(L2TPv2)利用時のWindows10 NATトラバーサルの設定
  4. Windows10のL2TP接続 ■セカイVPN■

コメント

タイトルとURLをコピーしました