【Windows11】Windows10からWindows11に手動アップデート

スポンサーリンク

Microsoftは2021年10月5日、Windows 11の公開を開始した。そこで、Windows10のPCから「Windows 11」へ手動でアップデートしたので備忘録を残す。

Windows11への対応確認

下記URLのWindows 11公式サイトの「互換性の確認」から、Windows11の要件を満たしているかを確認できる。

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft
新しい Windows 11 オペレーティング システムをご紹介します。Windows 11 の機能、デバイスの互換性を確認し、最新の Windows OS へアップグレードする方法をご覧ください。

私のPCでは、Windows10のWindows Updateにアクセスすると下記画面がでて、Windows11への要件が満足できている事が確認できたので、手動アップデートする事にした。

画像01

標準的な入手方法はWindows Updateによる自動更新からだが、段階的なリリースとなる。私のPCではまだ表示されていなかったが、手動アップデートを行った。

Windows 11 インストール アシスタント の入手

下記URLにWindowsパソコンからアクセスし実行。

Windows 11 をダウンロードする

画像02

「今すぐダウンロード」をクリックして更新アシスタントをダウンロードし進める。

Windows 11 インストール アシスタント の実行

ダウンロードしたファイルを実行。

画像10

「ユーザーアカウント制御」の警告が表示されたら「はい」をクリックすると下記画面になる。

画像11

「同意してインストール」をクリック。

画像12

更新のダウンロードを開始するので暫く待つ。

画像13

画像14

準備が完了したら「今すぐ再起動」。

インストールが始まり、暫く時間がかかるが更新完了したらWindowsログインし起動する。

画像19

無事に更新完了。(私の環境では完了まで1時間程度かかった)

バージョンの確認

スタートメニューから、設定 > システム > バージョン情報 で表示。

画像11

Windowsバージョンが「21H2」となっている事を確認。

所感

  • 案外、スムースにインストールできた。
  • 「Windows 11」では、ユーザインタフェースの見た目は多少変わっているが、操作性はほぼ同じような感じ。インストールしてあったソフトも問題なく動作している模様。

補足

  • アンチウイルスソフトが入っている場合は、可能なら停止させておいた方が更新完了までの時間が早くなる。

参考

  1. Windows 11、10 月 5 日より提供開始
  2. Windows 10 PCをWindows 11に手動アップグレード(アップデート)する手順

コメント

タイトルとURLをコピーしました