静音コンピュータの構築

スポンサーリンク

Windows10コンピュータをサーバ用途で稼働させておく。寝室に置いて使おうと思っているので、稼働音の静かなコンピュータを目指して構築したので備忘録を残す。

構成

CPUファンのない、マザーを選択。

  • マザー: ASRock J4105-ITX
  • メモリ: 8GB (PC4-19200/DDR4-2400,4GB×2)
  • SSD:128GB
  • 電源ユニット: DC12Vからの変換基板キット

画像01

マザー仕様

画像02

電源ユニット

電源ユニットも静音化の為、下写真のDC12Vアダプタ電源から、変換して供給する基板キットを利用。

画像05

外付けHDDの増設

データ作業用に、余っていたノートPCに搭載されていた2.5インチHDDを、SATA3.0からUSB3.0への変換ケースを利用して外付けHDDとして増設。HDDなので動作音が心配だったが、使ってみると問題なく静かだった。

Windows10インストール

今回のシステムは、SSDとDVDドライブ及び筐体は以前使っていたものからのリプレースなので、そのパソコンで利用していたWindows10ライセンスを流用。

Windows10をインストールUSB媒体からインストール。流石にマザーを交換しているので、ライセンス認証はMicrosfot IDでログインするだけではダメで、以前利用していたWindows10へのアップグレード前の元プロダクトIDを入力することで無事に引き継げた。

【Windows10】マザーボード交換後のライセンス認証
Windows7 Proから無償期間中にWindows10にアップデートしてたマシン、マザーボードを交換した。流用したのはHDDのみという状態で、案の定、ライセンス認証ができなくなってしまった。デジタル認証は済ませて、Microsoftア...

システムSSDの交換(追記:2019/9/24)

別のマシンで使っていたSSD(256G)が使えるようになったので、このマシンのものと交換して容量UPした。下記記事参照。

【Windows10】OSドライブのSSDを容量拡張して複製交換
以前の記事でWindows10マシンを構築した。この時は128GBのSSDにWindowsをインストールした。別のマシンで使っていたSSD(256GB)が使えるようになったので、「Acronis True Image」ソフトを使って...

参考

  1. ASRock、ファンレス仕様のGemini Lake世代SoC intel Celeron J4105搭載Mini-ITXマザー「J4105-ITX」

コメント

タイトルとURLをコピーしました