【Windows10】FTDIチップ搭載の超小型USBシリアル変換モジュールを使う

スポンサーリンク

以前の記事でPL2303HXを使ったシリアル通信を紹介した。今回、FTDI製チップ搭載の超小型シリアル変換モジュールを入手して使ったので備忘録を残す。

画像00

経緯

以下の記事で紹介したが、PL2303HXはWindows標準配布のドライバーがある。何故か私の使っているPL2303HX搭載のUSBシリアル変換ケーブルでは、この標準ドライバでは動作しない模様。

【Windows10】PL2303HX搭載のシリアル-USB変換ケーブルがWindows標準ドライバで動いた!?
以前の記事で、ラズベリーパイのUart通信用に、PL2303HX搭載のシリアルーUSB変換ケーブルを使った。とても安価に入手できて良いのだが、Windows10 Pro(64bit)パソコンでは、以前の記事で紹介したように、パッチあ...

それで最近、Windowsアップデートの関係か、不意にこの標準ドライバがインストールされる事があり、その都度ドライバーをインストールし直して使っていた。面倒になってきたので、Windowsに限らず、Mac(OSX)やLinuxなどで標準で使えるFTDI社製のチップを搭載したUSBシリアル変換モジュールを使う事にした。

FTDI社チップ搭載のUSBシリアル変換モジュール

秋月電子通商の下記URLから「FT234X 超小型USBシリアル変換モジュール」を入手し。(購入単価600円)

FT234X 超小型USBシリアル変換モジュール: 半導体 秋月電子通商-電子部品・ネット通販
電子部品,通販,販売,半導体,IC,マイコン,電子工作FT234X 超小型USBシリアル変換モジュール秋月電子通商 電子部品通信販売

特徴

  • 超小型(モジュール寸法 11x15mm)
  • FTDI社のFT234Xを使用
  • USBマイクロBコネクタ
  • USBバスパワー動作
  • 入力5Vトレラント(3.3V及び5V信号のどちらでも使える)

画像01

ケーブルの作成

このモジュールは、USB側はマイクロUSBのケーブルで接続できる。Raspbery Piなどと接続する為に、以下のようにケーブルを半田付けした。

画像02

画像03

  • 「+5V」は、供給出力用なので使用しなくてもよい。

ドライバーのインストール

FTDIチップは広く使われているICなので、Windows10では接続するだけで標準で使えるようになっている。USBシリアルUSB変換モジュールを、パソコンのUSBポートに挿す。

画像10

無事に「USB serial Port(COM2)」で認識した。

プロパティーの確認

念のため、右クリックのプロパティーから動作状況を確認する。

画像11

画像12

COM番号の変更などは「詳細設定」から行う。

画像13

画像14

署名者が「Microsoft」のドライバとなっている。

通信確認

通信ソフト「Tera Term」で、通信確認する。手順は、下記記事と同様なので参照。

【Windows10】FTDIチップ搭載のUSBシリアル通信を使う
以前の記事でPL2303HXを使ったシリアル通信を紹介した。今回、FTDI製チップ搭載のシリアルケーブルを入手して使ったので備忘録を残す。FTDIチップ搭載のシリアルケーブルiBUFFALOの「BSUSRC0610BS」が、FT...

補足

秋月電子通商では、以下の絶縁タイプのUSBシリアル変換モジュールや、USBマイクロケーブル(0.5m)も販売している。

FT234X+ADuM121N使用絶縁USBシリアル変換モジュール: 半導体 秋月電子通商-電子部品・ネット通販
電子部品,通販,販売,半導体,IC,マイコン,電子工作FT234X+ADuM121N使用絶縁USBシリアル変換モジュール秋月電子通商 電子部品通信販売
USBケーブル USB2.0 Aオス−マイクロBオス 0.5m A−microB: パーツ一般 秋月電子通商-電子部品・ネット通販
電子部品,通販,販売,半導体,IC,マイコン,電子工作USBケーブル USB2.0 Aオス−マイクロBオス 0.5m A−microB秋月電子通商 電子部品通信販売

参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました