【Windows10】October 2020 (バージョン20H2) へ手動アップデート

スポンサーリンク

Microsoftは2020年10月20日、Windows 10の最新大型アップデート「Windows 10 October 2020 Update」の配信を開始した。そこで、Windows 10 October 2020 Updateバージョン 20H2)」へ、手動でアップデートしたので備忘録を残す。

Windows10のUpdate

標準的な入手方法はWindows Updateによる自動更新からだが、段階的なリリースとなるため表示されない場合がある。私のPCではまだ表示されていなかったので、手動アップデートを行った。

Windows10 Update のダウンロードページ

下記URLにWindowsパソコンからアクセスし実行。

Windows 10 のダウンロード

画像01

「今すぐアップデート」をクリックして更新アシスタントをダウンロードし進める。

画像02

ダウンロードしたファイルを実行。

Windows 10 更新アシスタント の実行

画像00

「ユーザーアカウント制御」の警告が表示されたら「はい」をクリックすると下記画面になる。

画像03

「今すぐ更新」をクリック。

画像04

「次へ」をクリック。

画像05

更新のダウンロードを開始するので暫く待つ。

画像06

画像07

準備が完了したら「今すぐ再起動」。

画面08

インストールが始まり、再起動を繰り返しながら更新完了したらWindowsログイン起動する。

画像09

無事に更新完了。(私の環境では完了まで30分程度かかった)

バージョンの確認

スタートメニューから、設定 > システム > 詳細情報 で表示。

画像10

画像11

画像12

Windowsバージョンが「20H2」となっている事を確認。

今回もユーザインタフェースの大きな変更はなさそうで、バージョンアップしても違和感なく使える。このような継承したバージョンアップは安心できる。

補足

今回の、May 2020 Updateでは、Cortanaアプリの独立化、Windows Subsystem for Linux 2(WSL2)のパフォーマンスアップ、検索機能の強化など、あまり大がかりな更新内容は含まれていないが、Windows 10の使い勝手を向上させる改良がいくつか行なわれているとの事。
特にWSL2が前回のUpdateから利用できるようになっており、今後強化されていくことを期待する。

【Windows10】WSL2(Windows Subsystem for Linux Version2)で「Ubuntu 20.04 LTS」を使う
前の記事で、Windwos10 バージョン2004 をインストールした。この、Windwos10 バージョン2004 からは、WSL2(Windows Subsystem for Linux Version2)が正式に利用できるようになった...

関連記事

【Windows10】May 2020 (バージョン2004) へ手動アップデート
Microsoftは2020年5月28日、Windows 10の最新大型アップデート「May 2020 Update」の配信を開始した。そこで、Windows 10 May 2020 Update(バージョン 2004)」へ、手動でアップデ...

参考

  1. Windows 10 October 2020 Updateが一般提供開始
  2. Windows 10の最新アップデート「20H2」で確認したい6つのポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました