LinkStation(LS-VL)のHDDをSSDに交換

スポンサーリンク

BuffaloのNAS「LinkStation(LS-V1.0TL)」を長く使っていたが、LEDが赤点滅となりどうやらHDDの故障のようである。そこで、SSDに交換して動かしたので備忘録を残す。

画像00

準備

交換用のSSDドライブと3.5インチ変換アダプタを入手。ディスク容量アップしても良かったが値段との相談で、これまでと同じ1.0TBを購入。

画像01

LinkStatiosnの分解

ケースは爪で止まっているだけなので、細いドライバや爪楊枝などをつかって穴を押して開ける。上・下・後の爪を外して、フロント側を蝶番のような感じで開くようにする。(注意しないとフロント側の爪が折れる)

ケースの開け方については、YouTube動画や他のサイト(参考)でも紹介されているので、参考にさせて貰った。ありがとうございます。

LS-XHLの分解方法

分解後は下写真のような感じ。

画像10

HDDを外して、3.5インチ変換アダプタ+SSDに交換。

画像11

外してたファンを接続して、ケースに収納。

画像12

フロント側からケースを合わせて閉じて完了。持った感じの重さも随分と軽くなった^^。

LinkStationのFW(ファームウェア)を転送して書き込む

手順は、参考2. 及び 参考6. のサイト情報を参照させて貰った。基本的な作業の流れは以下の要領。

No 説明 備考
1 交換するディスクはパーティションがないものを使用 新品ならよいが使用済みのものはパーティション削除しておく
2 ディスクを交換後LS-VLを起動。青点滅のあと赤6回点灯になる。Functionボタンを押すと再び青点滅になりtftpブートモードになる 192.168.11.1のtftpサーバから起動ファイル2つを読み込み復旧(EM)モードで起動する
3 起動中は青点滅で起動後青点灯になる。この時LS-VLはDHCPサーバを参照しIPアドレスを取得し設定される DHCP取得できなければAPIPAによりリンクローカルアドレス169.254.xxx.xxxになる
4 NASNavigator2を起動して確認するとEMモードで見える ネットワークアドレスがあっている必要がある(ブロードキャストが届く範囲)
5 LSUpdater.exeを実行してファームウェアの更新を実行 更新途中で自動的に再起動し192.168.11.1のftftpサーバからもブートするのでtftpサーバは止めないで動かしておく
6 LS-VLのファームアップが終了して作業完了 NASNavigator2で確認するとディスク容量が表示される

各種ファイルをダウンロード&準備

Windows10パソコンでも使えた。

a)ファームウェア ls_series-v174.exe のダウンロード

こちらからLinkStationのFW(ファームウェア)をダウンロードする。(その時の最新版を使う)

対象商品:LS-XHL,LS-CHL,LS-WXL,LS-WSXL,LS-SL,LS-AVL,LS-VL,LS-WVL,LS-QVL,LS-XLシリーズ

これを展開して、「LSUpdater.ini」ファイルを以下のように修正して上書き保存。

VersionCheck = 0
NoFormatting = 0

更に、その中の initrd.imguImage.img ファイルを後で利用。

b)TFTP Boot Recovery 1.53.rar のダウンロード

こちらから、TFTPサーバ関連ソフト一式を入手し解凍。(日本語を含まないフォルダに解凍。拡張子が.rarなので7-Zipなどの解凍ツールを利用)

先にダウンロードしたファイル(initrd.imguImage.img)を、適当なところ(デスクトップなど)にコピーして拡張子を下記のように .zip に変更して解凍。

変更前 変更後 備考
initrd.img initrd.zip
uImage.img uImage.zip

尚、解凍する時にパスワードが必要だが下記のいずれか。

aAhvlM1Yp7_2VSm6BhgkmTOrCN1JyE0C5Q6cB3oBB
1NIf_2yUOlRDpYZUVNqboRpMBoZwT4PzoUvOPUp6l
YvSInIQopeipx66t_DCdfEvfP47qeVPhNhAuSYmA4
IeY8omJwGlGkIbJm2FH_MV4fLsXE8ieu0gNYwE6Ty

解凍したファイルは下記。また、一部ファイル名を変更。

圧縮ファイル 解凍後ファイル 名前変更 備考
initrd.zip initrd.buffalo そのまま
uImage.zip uImage-lsp.5.x.buffalo uImage.buffalo

ここで作成した、initrd.buffalouImage.buffalo を、上記で解凍したフォルダ「TFTP Boot Recovery 1.53」内へ上書き保存。

通信作業環境の準備

FW更新作業途中にLinkStationはDHCPサーバを参照するのでDHCPサーバが使える環境の方が手間が少ない。そこで、使っていないルータ「BHR-4GRV」があったのでそれを使う事にした。ルータLAN側のDHCPサーバ機能が使えればよいので、WAN側はインターネットに接続しなくて単独で大丈夫。(もちろんWAN側にDHCP取得で既存LANに接続したり、インターネットに接続していてもOK)

ルータ設定

ルータのIPアドレスなど、下記のように設定。

項目 設定 備考
ルータアドレス 192.168.11.254 192.168.11.1にしない事
ネットマスク 255.255.255.0
DHCPサーバ配布 192.168.11.2~ 64個 192.168.11.1は含めない事
  • ルータ機種はDHCPサーバがあればいいので、どんなのでも大抵は大丈夫。

LinkStationとパソコンをルータに接続

ルータのLAN側に、LinkStation(LS-VL)とパソコンを接続。
尚、パソコンのIPアドレスは、以下のように 192.168.11.1 に設定する。

画像20

TFTPサーバのポートが使えるように、WindowsのファイアウォールはOFFにしておく。

画像21

ファームウェアの書き換え作業

1)TFTPサーバの起動

TFTP Boot Recovery の「TFTP Boot.exe」を実行。以下の画面が開いたら、そのまま作業終了時まで立ち上げておく。

画像22

このように、「accepting requests..」となっていれば待機状態なので、続いてLinkStationの電源を入れて、LEDが青点滅の後、赤の短い点滅が6回になる。

ここでLinkStationのFunctionボタンを一度押すと、再度青点滅に変わり、以下の表示に変わる。(表示が変わるまでほんの少し時間がかかる)

画像23

uImage.buffalo, 5204 Blocks Served, initrd.buffalo, 18867 Blocks Served」のように表示され、LinkStationがブートファイルを読み込んで「EMモード」で起動。
ここで、NASNavigator2を起動して、以下のようにEMモードと表示されていればOK。

画像24

2)LSUpdater.exe を実行

解凍したファームウェアフォルダ内の「LSUpdater.exe」を起動。

画像30

EMモードのLinkStationが認識されるので [ファームウェア更新] ボタンを押す。

画像31

確認画面が表示されるので [はい] を押して進める。

画像32

画像33

画像34

暫くすると更新完了してLEDが青点灯になる。NASNavigator2で確認してみる。

画像35

ドライブ容量が表示され使用率0.0%となって作業完了。無事に復活した♪

補足

  • ルータを使わずに直接パソコンと接続して作業する事もできるが、その場合は途中でパソコンのIPアドレス変更が必要となる。
  • 冷却ファンを接続していないとLinkStation起動時にエラーになるので、忘れずに接続した状態で作業を行う事。(ファンがないと更新完了してもLEDが青点灯にならずにファンエラーで赤点滅となる)

所感

このLinkStation、まだまだ現役で使えそうである。特に、SSDにしたのでメカ部分がないだけに安心できる。あとは冷却ファンの寿命が心配(^^;)。Buffaloも、SSD版のLinkStationを販売してくれればいいのになって思う。

参考

  1. LinkStationのハードディスクを交換する
  2. LinkStationのハードディスクを交換するPart.2
  3. LS-XHLの分解方法 – YouTube
  4. 分解
  5. LinkStation LS-CH1.0TL の分解 (4)
  6. NAS LS-CH1.0LのHDDを2TBに換装!?
  7. BUFFALO LS-VL HDD交換 意外な落とし穴(備忘録)
  8. LS-VL(BuffaloのNAS、LinkStation)ハードディスク交換の要点
  9. LinkStation LS-CH1.0TL 1TBのHDDを換装して3TB(WD30EZRX)に容量アップ (3)
  10. LinkStationシリーズ ファームウェア アップデーター

コメント

タイトルとURLをコピーしました