【Windows10】外付けUSB-HDDをFAT32でフォーマットする

スポンサーリンク

Windows 10 では、下画面のようにHDDのフォーマットで選べるのは「exFAT」と「NTFS」のみで、「FAT32」が選べなくなっている。今回、FAT32フォーマットのUSB-HDDを作ったので備忘録を残す。

画像01

目的

以前の記事で、ネットワークCDレシーバ(CR-N775)の導入を紹介した。そこでネットワークCDレシーバに外部USBドライブを接続してハイレゾ音源を再生できるようにする。このCR-N775は「FAT32」でフォーマットされたUSBディスクが必要。

ONKYOのネットワークCDレシーバ「CR-N775」が便利♪
昨年末に、ONKYOのネットワークCDレシーバ「CR-N775」を導入。使い始めて2ヶ月くらいになるが、とても便利なので紹介。機種選定いままで、ONKYOのCDチューナアンプ「CR-D1」を、ずっと15年くらい使っていたのだが、少し...

USBディスクの準備

耐久性を考えて、SDDの外部ドライブを準備する。完成品のSSDのドライブは、まだまだ高価なので、下記の部品を買って組み立てて利用する。

1)3.5インチHDDケース

CR-N775はUSB2.0インタフェースで、外部電源供給のものが安心できるので、玄人志向の「GW3.5AA-SUP/MB」を選定。使ってない時は自動的に電源連動ON/OFFする。

画像02

2)SSDドライブ

ハイレゾ音源データを格納する予定なので、容量は大きい方がよいが、とりあえず安価な240GBの2.5インチSSDを購入。

画像03

3)2.5 to 3.5inchi変換アダプタ

3.5インチのケースなので、2.5インチSSDを変換アダプタに搭載して取り付ける。

画像04

組み立ててHDDケースに収納。

画像05

USBディスクをFAT32で初期化

Windows10ではFAT32で初期化できないので、下記リンクの「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」のツールを入手してフォーマットする。IO-DATAさん助かります。

サポートライブラリ | IODATA アイ・オー・データ機器

上記リンクより、Windows10用のソフトをダウンロードし実行すると、自己解凍する。

画像10

解凍された、HDDFMT.exe を実行。フォーマットするDISKを選択して進む。

画像11

フォーマット形式は、[FAT32]を選択して進める。無事にフォーマットできた。

補足

  • この、玄人志向「GW3.5AA-SUP/MB」には、使わなかったがFAT32フォーマッタのソフトも添付してあった。

参考

  1. Windows 10 でHDDを「FAT32」フォーマットする方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました