【Ubuntu 18.04 LTS Server】ノートPCで蓋を閉じてもサスペンドを防止

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

「Ubuntu 18.04 LTS Server」を、ノートパソコンにインストールした。

Ubuntu 18.04 LTS が、4月26日(日本時間27日)にリリースされた。 そこで、新規に「Ubuntu 18.04 LTS S...

一定時間無操作だったら液晶画面は消えるのかと思っていたら、ずっと表示しっぱなし。蓋を閉じてみると画面は消えるがサスペンド(スリープ)してしまう。

そこで、ノートパソコンの蓋を閉じてもサスペンドしないようにしたので備忘録を残す。

設定

/etc/systemd/logind.conf ファイルを編集し下記の行を変更。

$ sudo nano /etc/systemd/logind.conf
- #HandleLidSwitch=suspend
+ HandleLidSwitch=ignore

設定を反映

$ sudo systemctl restart systemd-logind

これで、蓋を閉じてもサスペンドせずに液晶画面も消えるようになり、安心して運用に入れる。

所感

ノートPCは停電時でもバッテリー駆動ができるし、ある意味サーバパソコンに適している。

参考

  1. Ubuntu Server 13.10 now goes to sleep when closing laptop lid
  2. モニターを閉じるとサスペンドされるのを防止
  3. ubuntuで「画面だけ」オフにしたい
  4. CUI上での省電力機能を止める
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする