【Ubuntu 18.04 LTS Server】時刻の同期について

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

Ubuntu 18.04 LTS Serverでの時刻の同期について、調べたので備忘録を残す。

Ubuntuでの時刻同期について

Ubuntu 18.04 LTS Serverでの時刻同期は、ntpdateを使わずにSystemdの機能を使って時刻の同期を行っているようです。

デフォルトの状態で、時刻の同期に ntp.ubuntu.com というサーバーが使われて同期が実行されている。

同期実行状態の確認

下記コマンドで確認できる。

$ sudo systemctl -l status systemd-timesyncd
● systemd-timesyncd.service - Network Time Synchronization
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/systemd-timesyncd.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Sat 2018-05-12 14:05:13 JST; 1 day 22h ago
     Docs: man:systemd-timesyncd.service(8)
 Main PID: 472 (systemd-timesyn)
   Status: "Synchronized to time server [2001:67c:1560:8003::c7]:123 (ntp.ubuntu.com)."
    Tasks: 2 (limit: 4422)
   CGroup: /system.slice/systemd-timesyncd.service
           └─472 /lib/systemd/systemd-timesyncd

 5月 12 14:05:13 yokosrv3 systemd[1]: Starting Network Time Synchronization...
 5月 12 14:05:13 yokosrv3 systemd[1]: Started Network Time Synchronization.
 5月 12 14:05:17 yokosrv3 systemd-timesyncd[472]: Network configuration changed, trying to establis
 5月 12 14:05:18 yokosrv3 systemd-timesyncd[472]: Network configuration changed, trying to establis
 5月 12 14:05:49 yokosrv3 systemd-timesyncd[472]: Synchronized to time server

同期先サーバの変更

同期先サーバを変更したい場合は、/etc/systemd/timesyncd.conf 設定ファイルの下記行を変更する。

#NTP=

 ↓

NTP=ntp.nict.jp

サービスの再起動。

$ sudo systemctl restart systemd-timesyncd.service

参考

  1. Ubuntu 18.04 / 16.04 で時刻合わせの設定を変更する
  2. systemdのSNTPクライアント機能を使ってみる
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする