【Windows10】WSL(Windows Subsystem for Linux)で「Ubuntu 18.04」を使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

以前の記事で、Windows10のWSL(Windows Subsystem for Linux)で「Ubuntu」(16.04LTS相当)を動かした。

Windwos10 バージョン1709(Windows10 Fall Creators Update)からは、WSL(Windows Sub...

Microsoftストアを確認すると、先月リリースされた「Ubuntu 18.04 LTS」も利用出来るようになっていたので、早速インストールした。

画像01

WSLの有効化

まずは、WSL機能を使えるように有効化しておく必要があるが、下記記事の手順を参照し設定。(既に設定済みなら不要)

Windwos10 バージョン1709(Windows10 Fall Creators Update)からは、WSL(Windows Sub...

Microsoftストアから「Ubuntu 18.04」をインストール

Microsoftストアアプリを起動して「Ubuntu」と検索すると、Ubuntu 18.04が候補に表示される。
「Ubuntu 18.04」を選択して、アプリの画面で「入手」をクリックでインストールできる。

画像02

Ubuntu 18.04を起動

インストールできたら、スタートメニューに「Ubuntu 18.04」が追加されるので実行する。

画像03

bashコンソールが起動され、初回時は数分程度かかるので待つ。
続いて、ユーザ名とパスワードを入力し、準備完了。

画像04
ここからはUbuntuの世界なので、下記コマンドでパッケージをアップデートしておく。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
パッケージの更新・インストール パッケージの更新 $ sudo apt update $ sudo apt upgrade パッケー...

補足

  • 従来のUbuntu(16.04LTS相当)とも共存できる。
  • Emacsは、標準aptパッケージからEmacs25が利用できる。

関連記事

以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、日本語表示するようにロケールとタイムゾーンを変更したので備...
以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、Git及びSSHコマンドを試したので備忘録を残す。 ...
以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、Emacsエディターも動くようにしたので備忘録を残す。 ...
以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、gccやmakeコマンドの開発ツールを使えるようにしたので...
以前の記事で、Windows10のWSLで「Ubuntu 18.04」が使えるようにした。そこで、ARM用のGCCコンパイラをインストールし...

参考

  1. 「Ubuntu 18.04」が“Microsoft Store”に登場 ~従来の「Ubuntu」とも共存可能
  2. Ubuntu 18.04 LTS リリース
  3. WSLで複数のLinuxディストリビューションを管理する
  4. 開発者向けのWindowsコマンドラインツールなどWSL新機能を公式ブログで紹介
  5. Windows Subsystem for Linux //Build 2018 Recap
  6. Windows 10にUbuntuをインストールしよう
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする