【Windows10/WSL Ubuntu】Git, SSH コマンドを使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、Git及びSSHコマンドを試したので備忘録を残す。

Windwos10 バージョン1709(Windows10 Fall Creators Update)からは、WSL(Windows Sub...

追記(2018/05/15)

「Ubuntu 18.04」でも動くことを確認。

以前の記事で、Windows10のWSL(Windows Subsystem for Linux)で「Ubuntu」(16.04LTS相当)...

WSLとはいえ基本的にはLinuxなので下記記事を参考。

この、Ubuntu Serverは「Gitサーバ」にするのが目的だったので、Gitをインストール、、、 と思ったら、Gitの基本パッケージは...
SSH鍵を作成して、GitLabやサーバに登録する公開鍵を作成する。 SSH鍵の作成方法 ターミナルから、下記コマンドでsshキーを作成...

インストール

GitとSSHコマンドは、WSLではデフォルトで使えるようになっているのでインストールは不要。

Gitの初期設定

Gitを使い始める前に、最初に下記コマンドで名前とメールアドレスの情報を登録しておく。

$ git config --global user.name "hoge" 
$ git config --global user.email "hoge@example.com"

下記は好みで設定

$ git config --global color.ui auto
$ git config --global core.editor nano

SSH鍵の作成方法

ターミナルから、下記コマンドでsshキーを作成する。

$ ssh-keygen -t rsa
  • パスフレーズは なし で、そのままリターンで進める。
  • 作成された公開鍵 ~/.ssh/id_rsa.pub の内容を、ログインするサーバユーザの ~/.ssh/authorized_keys に追加する。(SSHが使える環境ならscpコマンドでファイルコピー出来る)
  • GitHubやGitLabでは、~/.ssh/id_rsa.pub の内容を登録する。

補足

  • Gitの設定は「~/.gitconfig」ファイルに登録される。
  • SSHの「id_rsa」ファイルのアクセス権は「600」で自分のみでないとエラーする。(別のマシンからファイルをコピーしたような場合には注意)

参考

  1. Gitブランチ関連コマンド
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする