【Windows10/WSL Ubuntu】gcc, make などの開発ツールをインストールして使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、gccやmakeコマンドの開発ツールを使えるようにしたので備忘録を残す。

Windwos10 バージョン1709(Windows10 Fall Creators Update)からは、WSL(Windows Sub...

WSLとはいえ基本的にはUbuntuなので、以前、Ubuntu 16.04 LTS Serverでビルドツールをインストールした時の要領と同じ。

前記事で、macOSとWindowsでのEmacs環境を構築したが、Ubuntu 16.04 LTS ServerでもEmacsが使えるよう...

追記(2018/05/15)

「Ubuntu 18.04」でも動くことを確認。

以前の記事で、Windows10のWSL(Windows Subsystem for Linux)で「Ubuntu」(16.04LTS相当)...

インストール

下記コマンドを実行して、ビルドツールをインストール。

$ sudo apt install build-essential

下記の画面が表示され、「y」の入力で関連パッケージがインストールされる。

Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
The following additional packages will be installed:
  binutils cpp cpp-5 dpkg-dev fakeroot g++ g++-5 gcc gcc-5
  libalgorithm-diff-perl libalgorithm-diff-xs-perl libalgorithm-merge-perl
  libasan2 libatomic1 libc-dev-bin libc6-dev libcc1-0 libcilkrts5 libdpkg-perl
  libfakeroot libfile-fcntllock-perl libgcc-5-dev libisl15 libitm1 liblsan0
  libmpc3 libmpx0 libquadmath0 libstdc++-5-dev libtsan0 libubsan0
  linux-libc-dev make manpages-dev
Suggested packages:
  binutils-doc cpp-doc gcc-5-locales debian-keyring g++-multilib
  g++-5-multilib gcc-5-doc libstdc++6-5-dbg gcc-multilib autoconf automake
  libtool flex bison gdb gcc-doc gcc-5-multilib libgcc1-dbg libgomp1-dbg
  libitm1-dbg libatomic1-dbg libasan2-dbg liblsan0-dbg libtsan0-dbg
  libubsan0-dbg libcilkrts5-dbg libmpx0-dbg libquadmath0-dbg glibc-doc
  libstdc++-5-doc make-doc
The following NEW packages will be installed:
  binutils build-essential cpp cpp-5 dpkg-dev fakeroot g++ g++-5 gcc gcc-5
  libalgorithm-diff-perl libalgorithm-diff-xs-perl libalgorithm-merge-perl
  libasan2 libatomic1 libc-dev-bin libc6-dev libcc1-0 libcilkrts5 libdpkg-perl
  libfakeroot libfile-fcntllock-perl libgcc-5-dev libisl15 libitm1 liblsan0
  libmpc3 libmpx0 libquadmath0 libstdc++-5-dev libtsan0 libubsan0
  linux-libc-dev make manpages-dev
0 upgraded, 35 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
Need to get 38.4 MB of archives.
After this operation, 144 MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n] y

確認

gccとmakeコマンドが実行できるか確認

$ gcc --version
gcc (Ubuntu 5.4.0-6ubuntu1~16.04.9) 5.4.0 20160609
Copyright (C) 2015 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

$ make --version
GNU Make 4.1
Built for x86_64-pc-linux-gnu
Copyright (C) 1988-2014 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.

簡単なプログラムをコンパイルし実行してみる

任意のフォルダで、エディターで下記の「sample.c」ファイルを作成。

$ nano sample.c
#include <stdlib.h>
#include <stdio.h>

int main(int argc, char *argv[])
{
    int i;

    for (i=0; i<5; i++) {
        printf("%d: test\n", i);
    }

    exit(0);
}

コンパイルしてみる。

$ gcc -o sample sample.c

実行してみる。

$ ./sample
0: test
1: test
2: test
3: test
4: test
  • nano エディターは標準でインストールされている。
  • カレントディレクトリのファイルを実行するには、「./」を付ける必要がある。

makeを使ってコンパイルしてみる

エディターで下記の「Makefile」ファイルを作成。

$ nano Makefile
sample  :       sample.c
        gcc -o $@ $<

clean   :
        rm -f sample

コンパイルする。

$ make

生成したファイルを削除する。

$ make clean
  • makeは引数指定がなければ、カレントディレクトリに「Makefile」や「makefile」があればその定義に従って動く。
  • この例ではソースファイルが一つなので make の有り難みを感じにくいが、複数のソースや複雑なプロジェクトでは「make」はとても便利で強力なツールである。
ソフトウェアのビルドに欠かせないmakeですが、便利な反面機能も豊富。 私が読んだ中でお薦めなのが、オライリー「GNU Make 第3版」の...

関連記事

以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、Emacsエディターも動くようにしたので備忘録を残す。 ...
前の記事で「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。 続いて、gccやmakeコマンドの開発ツールを使える...

参考

  1. Ubuntu 14.04 に gcc、gdb などの開発ツールをインストールする
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする