Windows10のWSL(Windows Subsystem for Linux)でUbuntuを使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

Windwos10 バージョン1709(Windows10 Fall Creators Update)からは、WSL(Windows Subsystem for Linux)が正式に利用できるようになった。
これは、Windows上でUbuntuなどのLinuxを動かすというもので、LinuxのAPIをWindowsAPIに変換するシステムである。仮想環境よりも軽快に動作できる特徴がある。

WSLの有効化

まずは、WSL機能を使えるように有効化しておく必要がある。

1)Windowsスタートの設定から「アプリ」を実行

画像00

2)「アプリと機能」の「プログラムと機能」を選択

画像01

3)「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択

画像02

4)「Windows Subsystem for Linux」の項目をチェックしOK

画像03

Microsoftストアから「Ubuntu」をインストール

Microsoftストアアプリを起動して「Ubuntu」と検索すると、Ubuntuが候補に表示される。
Ubuntuを選択して、アプリの画面で「入手」をクリックでインストールできる。

画像05

Ubuntuを起動

インストールできたら、スタートメニューに「Ubuntu」が追加されるので実行する。

画像11

bashコンソールが起動され、初回時は数分程度かかるので待つ。
続いて、ユーザ名とパスワードを入力し、準備完了。

ここからはUbuntuの世界なので、下記コマンドでパッケージをアップデートしておく。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

補足

  • Windowsのファイルシステムへのアクセスは「/mnt/c/」のパスからアクセスできる。
  • Ubuntuの他にも、「OpenSUSE」「SLES」のLinuxも利用できる。

参考

  1. Windows 10でLinuxプログラムを利用可能にするWSL(Windows Subsystem for Linux)をインストールする
  2. Windows Subsystem for Linuxのファイルシステムを知る
  3. UbuntuをWindows 10(Fall Creators Update)にインストールしてみた
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする