Windows10のWSL(Windows Subsystem for Linux)でUbuntuを使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

Windwos10 バージョン1709(Windows10 Fall Creators Update)からは、WSL(Windows Subsystem for Linux)が正式に利用できるようになった。
これは、Windows上でUbuntuなどのLinuxを動かすというもので、LinuxのAPIをWindowsAPIに変換するシステムである。仮想環境よりも軽快に動作できる特徴がある。

WSLの有効化

まずは、WSL機能を使えるように有効化しておく必要がある。

1)Windowsスタートの設定から「アプリ」を実行

画像00

2)「アプリと機能」の「プログラムと機能」を選択

画像01

3)「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択

画像02

4)「Windows Subsystem for Linux」の項目をチェックしOK

画像03

Microsoftストアから「Ubuntu」をインストール

Microsoftストアアプリを起動して「Ubuntu」と検索すると、Ubuntuが候補に表示される。
Ubuntuを選択して、アプリの画面で「入手」をクリックでインストールできる。

画像05

Ubuntuを起動

インストールできたら、スタートメニューに「Ubuntu」が追加されるので実行する。

画像11

bashコンソールが起動され、初回時は数分程度かかるので待つ。
続いて、ユーザ名とパスワードを入力し、準備完了。

ここからはUbuntuの世界なので、下記コマンドでパッケージをアップデートしておく。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

補足

  • gitコマンドは、デフォルトで使えるようになっていた。
  • WSLのUbuntu環境のホームは「C:\Users\(UserName)\AppData\Packages\CanonicalGroupLimited.UbuntuonWindows_(ランダムな文字列)\LocalState\rootfs\home\(username)」という位置に実体となるフォルダが存在しているが、直接Windowsから操作はしない方がよい。
  • Windowsのファイルシステムへのアクセスは「/mnt/c/」のパスからアクセスできる。下記のように作業用フォルダ等へリンクしておくと便利。
    $ ln -s /mnt/c/Users/<UserName>/work
  • $ /mnt/c/Windows/System32/notepad.exe &」のように拡張子.exeをつけて実行するとWSLからWindowsコマンドを実行できる。
  • Ubuntuの他にも、「OpenSUSE」「SLES」のLinuxも利用できる。
  • (2018/03/08追記)「Debian」も利用できるようになったらしい。

所感

以前のMicrosoftは独自路線の風潮が強かったが、このWSLのようにコマンド環境がLinuxと共通にできるは、とても便利で嬉しい。又、次期アップデート(1803)では更なるWSLの強化も予定されているとか。今後が期待される。

MacパソコンはUnix互換のコンソールを持っているので、Macを愛用していたが、Windows10になって電源ON時の起動も随分と速くなった。CPUは昔のCore-i5とかでもSSDにしたせいか、電源ONから10秒くらいで立ち上がる。以前はMacの方が起動が速くて快適と思っていたが、最近ではMacの起動は遅く感じる。
WSLも快適に使えるようになってくるとMacを使っていく意味が薄れてくる。Surface Proが欲しくなってきた(笑)。

以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、gccやmakeコマンドの開発ツールを使えるようにしたので...
以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、Emacsエディターも動くようにしたので備忘録を残す。 ...

参考

  1. Windows 10でLinuxプログラムを利用可能にするWSL(Windows Subsystem for Linux)をインストールする
  2. Windows Subsystem for Linuxのファイルシステムを知る
  3. UbuntuをWindows 10(Fall Creators Update)にインストールしてみた
  4. WSL その51 – BashからWindowsコマンドを呼び出すコマンドの実行例
  5. Windows 10のWindows Subsystem for Linux(WSL)を日常的に活用する
  6. Windows 10“バージョン 1803”(RS4)はコマンドラインも充実? 搭載予定機能のまとめ
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする