【Windows10/WSL Ubuntu】日本語のロケールとタイムゾーンの変更

スポンサーリンク

以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、日本語表示するようにロケールとタイムゾーンを変更したので備忘録を残す。

【Windows10】WSL(Windows Subsystem for Linux)でUbuntuを使う
Windwos10 バージョン1709(Windows10 Fall Creators Update)からは、WSL(Windows Subsystem for Linux)が正式に利用できるようになった。これは、Windows上でUbu...

追記(2018/05/15)

「Ubuntu 18.04」でも動くことを確認。

【Windows10】WSL(Windows Subsystem for Linux)で「Ubuntu 18.04」を使う
以前の記事で、Windows10のWSL(Windows Subsystem for Linux)で「Ubuntu」(16.04LTS相当)を動かした。Microsoftストアを確認すると、先月リリースされた「Ubuntu 18.0...

日本語ロケールに設定

下記コマンドで、コマンドの出力を日本語に変更。

$ sudo apt install language-pack-ja

続いて「locale」を更新。

$ sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8

一度、WSLを閉じて起動しなおす。
LANG変数を確認し、dateコマンドを実行して日本語表示するか確認。

$ echo $LANG
ja_JP.UTF-8
$ date
2018年  3月  7日 水曜日 12:20:12 DST

manコマンドの日本語化

下記コマンドで日本語マニュアルをインストール。

$ sudo apt install manpages-ja manpages-ja-dev

manコマンドを実行し日本語表示するか確認。

$ man ls

タイムゾーンを設定する

初期状態では、タイムゾーンが「DST」となっていて、日本標準時になっていないので下記コマンドを実行し変更。

$ sudo dpkg-reconfigure tzdata

下記画面になるので「アジア」を選択。

画像01

続いて「Tokyo」を選択し<了解>。

画像02

dateコマンドを実行し「JST]となってるのを確認。

$ date
2018年  3月  7日 水曜日 12:20:45 JST

補足

  • 英語ロケールに戻したい場合は、下記コマンドを実行。
    $ sudo update-locale LANG=en_US.UTF8

参考

  1. 「Windows Subsystem for Linux(WSL)」セットアップガイド【スクリーンショットつき解説】
  2. manコマンドの日本語化

コメント

タイトルとURLをコピーしました