【Windows10/WSL Ubuntu】COMポートにアクセスしシリアル通信する

スポンサーリンク

先日の記事で、Windows10でシリアル-USB変換ケーブルを動かした。そのCOMポートに、Windows10のWSL(Ubuntu)からアクセスを試したので備忘録を残す。

【Windows10】PL2303HX搭載のシリアル-USB変換ケーブルを動かす
以前の記事で、ラズベリーパイのUart通信用に、PL2303HX搭載のシリアルーUSB変換ケーブルを使った。とても安価に入手できて良いのだが、今回、別のWindows10 Pro(64bit)パソコンに接続して使おうと思ったら、エラ...
【Windows10】WSL(Windows Subsystem for Linux)でUbuntuを使う
Windwos10 バージョン1709(Windows10 Fall Creators Update)からは、WSL(Windows Subsystem for Linux)が正式に利用できるようになった。これは、Windows上でUbu...

COMポートを確認する

デバイスマネージャの「ポート(COMとLPT)」で通信に使うCOMポート番号を確認。

画像01

今回の例では「COM4」。

screenでシリアル通信する

Ubuntu(WSL)を起動し、screenコマンドを起動して通信する。

$ sudo screen /dev/ttyS4 115200
  • screenコマンドはデフォルトでインストールされていた。
  • /dev/ttyS? は接続先。
    数字は先ほど確認した COM ポートの番号。
  • 115200 は通信速度。
  • ttySデバイスのアクセスにはデフォルトでは管理者権限が必要なようで sudo が必要。

screenを終了

Ctrl-a K のキー入力で「Really kill this window [y/n]」と表示がでるので ‘y’ で終了。

画像02

補足

  • 通信ソフトは、minicom なども利用できる。
【macOS】シリアル通信を動かす
前の記事で作成した、「Raspberry Pi」用のu-bootを、Macパソコンからでも使えるように、シリアル通信を動かす。シリアル-USB変換ケーブルの準備シリアル-USB変換ケーブルは、私はアマゾンから下記を入手。搭載チッ...

参考

  1. Windows 10 上の Ubuntu から COM ポートにアクセスする方法
  2. Windows Subsystem for Linuxでのシリアルポートサポート
  3. screenを使ったserial接続と終了の方法メモ
  4. Linuxにおけるシリアルポートのトラブルシューティング
  5. WSLでシリアル通信をする

コメント

タイトルとURLをコピーしました