【Ubuntu 16.04 LTS Server】Gitを使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

この、Ubuntu Serverは「Gitサーバ」にするのが目的だったので、Gitをインストール、、、
と思ったら、Gitの基本パッケージは標準でインストールされてた。
もしなければ、apt install gitでインストール。

リポジトリフォルダ

サーバ公開用のGitリポジトリフォルダを何処にするかですが、Ubuntuでは gitweb や git-daemon のパッケージは、/var/lib/gitで使うのが想定されているよう。
このフォルダはデフォルトで作成されていたのでそのまま利用し、もし別の場所がよければ、シンボルリンクでリンクして対応する事にする。

(参考)
空のテスト用リポジトリは下記の要領で作成

# cd /var/lib/git
# mkdir test.git
# cd test.git
# git init --bare --shared
  • –bareはベアリポジトリ(空)を作成する
  • –shared オプションを指定すると、リポジトリに対するグループ書き込みパーミッションを自動的に追加する

Gitを利用するユーザ(端末)での準備

最初に下記コマンドで名前とメールアドレスの情報を登録しておく。

$ git config --global user.name "hoge" 
$ git config --global user.email "hoge@example.com"

下記は好みで設定

$ git config --global color.ui auto
$ git config --global core.editor nano

現在の設定を確認

$ git config -l

Gitの参考書

参考になった本。

参考

  1. VirtualBox内のUbuntuでGitリポジトリを建てる – Qiita
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする