【macOS】ARMのGCCコンパイル環境を構築する(brewからインストール)

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

以前の記事でARMのGCCコンパイル環境を構築したが、Homebrewからインストールできたので、備忘録を残す。

Mac OSXで様々なコマンド入手に、パッケージ管理ソフト「Homebrew」をインストール。Ubuntuの apt-get のような感じの...

但し、最新バージョンのコンパイラが利用したい場合は、以前の下記記事の方法を使う。

Macでの、ARM用のGNUクロスコンパイル環境を構築する。 そこで「GNU ARM Embedded Toolchain」のツールチェーン...

ARMツールチェーンのインストール

下記コマンドで、「gcc-arm-none-eabi」パッケージをインストール。

$ brew tap PX4/homebrew-px4
$ brew update
$ brew install gcc-arm-none-eabi

インストール完了したら、下記コマンドでコンパイラが実行できるか確認。

$ arm-none-eabi-gcc --version
arm-none-eabi-gcc (GNU Tools for ARM Embedded Processors) 5.4.1 20160919 (release) [ARM/embedded-5-branch revision 240496]
Copyright (C) 2015 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

コマンドの所在も確認しておく。

$ which arm-none-eabi-gcc
/usr/local/bin/arm-none-eabi-gcc

補足

  • Newlibライブラリーも含まれている。
  • アンインストールしたい場合は下記コマンドを実行。
    $ brew uninstall gcc-arm-none-eabi
    $ brew untap PX4/homebrew-px4

参考

  1. gnu-arm-toolchain
  2. Installing the Cross Tools for ARM
  3. mbed CLI (コマンドライン・インタフェース)を Mac OS X で使ってみる
  4. GNU Arm Embedded Toolchain
  5. Homebrew使い方まとめ
以前の記事で、Windows10のWSLでUbuntuが使えるようにした。そこで、Emacsエディターも動くようにしたので備忘録を残す。 ...
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする