【macOS】パッケージマネージャー「Homebrew」を使う

スポンサーリンク

Mac OSXで様々なコマンド入手に、パッケージ管理ソフト「Homebrew」をインストール。Ubuntuの apt のような感じのもの。

Homebrewをインストール

下記URLに従ってインストール。
https://brew.sh/index_ja.html

ターミナルから下記コマンドを実行。

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"
  • RETURNキーを押して続行すると、ログインユーザのパスワードを聞かれるので、パスワードを入力する。
  • しばらくすると「Downloading Command Line Tools for Xcode」と表示され、コンパイラツールもインストールされる。
  • 私の環境ではインストール完了まで10分程度かかった。
$ brew update
$ brew upgrade

emacs をインストール

エディター Emacs Mac Portをインストール。

$ brew tap railwaycat/emacsmacport
$ brew install emacs-mac --with-modern-icon
$ ln -s /usr/local/opt/emacs-mac/Emacs.app /Applications

brewコマンドのインストール先

brewコマンド群は /usr/local/binからリンクされるようにインストールされる。(実体は/usr/local/Cellar/)
PATHを確認すると先頭に
/usr/local/bin`が記述されているので、brewでインストールしたコマンドは優先で実行。

brewコマンド備忘録

パッケージのインストール

$ brew install <パッケージ名>

インストール済みのパッケージの確認

$ brew list

パッケージ検索

$ brew search <パッケージ名>

パッケージの削除

$ brew uninstall <パッケージ名>

ヘルプ表示

$ brew help

参考

  1. Homebrew — macOS 用パッケージマネージャー
  2. パッケージ管理システム Homebrew – Qiita
  3. ちょっと差がつくhomebrewのあまり知られていない使い方 – Meltdown Countdown rev.
  4. Mac OS X YosemiteにGNU Emacsをインストール – @uents blog
  5. MacでPATHを通す – Qiita
  6. macOSからTelnetでHTTP通信する方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました