【macOS】TFTPコマンドでRTX1200のconfig設定ファイルを取得する

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

YAMAHAルータ「RTX1200」のconfig設定ファイルをバックアップするため、macOSのターミナルから、TFTPコマンドを使って取得する方法について備忘録を残す。

準備

ルータRTX1200に、TFTPコマンドを受け付けるように有効に設定する。下記コマンドで、ヤマハルータに接続するパソコンのIPアドレスを設定。

# tftp host xxx.xxx.xxx.xxx
# save

MacからTFTPコマンド実行し、取得

ターミナルから下記コマンドを実行。

$ tftp <RTX1200のIPアドレス>
tftp> get config/<管理者パスワード> config.txt
Received 13356 bytes in 0.2 seconds
tftp> quit

これで、ターミナルを実行したカレントディレクトリに、config.txtファイルが作成される。

configを書き込む手順

ルータに書き込む場合は下記コマンドで行う。但し、ルータのリセットが必要。

tftp> put config.txt config/<管理者パスワード>

補足

  • RTX1210ルータでは、tftp host指定は、IPアドレスだけでなくlan1などのインタフェース名でもOKだったが、RTX1200ではIPアドレス指定でないと受け付けてくれなかった。
  • アドレス制限しなければ tftp host any でOK。

参考

  1. MacとWindowsのTFTPコマンドの違いについて
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする