【macOS】Oracle VM VirtualBoxの仮想マシンで「IBM PC-DOS J2000」を動かす

スポンサーリンク

以前の記事で、無料で利用できる仮想マシン環境「Oracle VM VirtualBox」を、macOS 10.15 Catalinaにインストールした。その仮想マシン上で「IBM PC-DOS J2000」を動かしたので備忘録を残す。

【macOS 10.15 Catalina】Oracle VM VirtualBox がインストールできない対応
無料で利用できる仮想マシン環境「Oracle VM VirtualBox」を利用しようと、macOS 10.15 Catalinaにインストールしたら「インストールできませんでした。」のエラー対応について備忘録を残す。VirtualBo...

経緯

DOS時代の組み込みCPU用のクロスコンパイラを使っていた。Windows7のDOS窓では動いていたのだが、Windows10のDOS窓ではDOSとの互換性が一部なくなってきているのか動かない。Windows7のサポート終了に伴い、なんとかWindows10上でもそのコンパイラを動かすようにしたいので、VirtualBox上で再び「IBM PC-DOS」を動かす事にした。

画像PC-DOS

「IBM PC-DOS J2000」は、当時よく使われていたDOS「PC-DOS J7.0/V」の2000年問題対応パッチをあてたバージョン。ここでは、macOS版のVirtualBoxで動かしているが、Windows版のVirtualBoxでも「PC-DOS」インストール手順はほぼ同じ。

関連ドキュメント

インストール媒体の入手

PC-DOSは当時は使っていたのでインストール用のフロッピー媒体を持っていたのだが、すでに捨ててしまった。そこで、検索したら下記URLから入手できるので、フロッピー版「IBM PC-DOS 2000 [Japanese] (3.5-1.44mb)」セットアップファイルを入手。(CD版ではブートできない)

WinWorld: PC-DOS 2000
WinWorld is an online museum dedicated to providing free and open access to one of the largest archives of abandonware software and information on the web.

画像00

IBM PC-DOS J2000のインストール

VirtualBoxの仮想マシンに「PC-DOS」をインストールする。

仮想マシンを作成

VirtualBoxを起動して、DOS用の仮想マシンを作成する。

画像01

[新規(N)] をクリック。

画像02

仮想マシンの名前を「PC-DOS_2000J」と入力。タイプ/バージョンが自動的に DOS が選択される。

画像03

あとは、基本デフォルト設定で進める。

画像04

画像05

画像06

画像07

画像08

フロッピーデバイス 0: [空] の所をクリックして、[Chose a disk file…] から、先ほどダウンロードした「Disk01.img」ファイルを選択。

画像09

これで、仮想マシンが準備できた。

PC-DOS J2000をインストール

上記で作成した、VirtualBox マネージャー の仮想マシンを選択。

画像11

[起動] ボタンを押して仮想マシンを起動し、インストールを開始。

画像12

Y」を入力しインストールを進める。基本デフォルト設定でEnterで進めていく。

画像13

画像14

画像15

「区画をフォーマットする」を選択し、Enter を押す。

画像16

画像17

画像18

画像19

画像20

画像21

次のディスク交換の要求となるので、右下あたりのDiskアイコンをクリックして、次のDiskファイルを選択して Enter を押して繰り返す。

画像22

画像23

インストール完了して、「README.TXT」が確認できる。

画像24

画像25

[Power off the machine] を選択し、[OK] を押して「PC-DOS」インスール完了。

PC-DOS J2000を起動

フロッピーから起動しないように、VirtualBox マネージャー でフロッピーディスクを取り外しておく。

画像31

[起動] を押して、仮想マシンの実行開始。

画像32

SHIFT + F9 キーでコマンド・プロンプトに入る。

画像33

無事に「PC-DOS」が使えるようになった。なんだか懐かしい…(笑)

設定ファイルの初期値

参考まで、CONFIG.SYSAUTOEXEC.BAT の初期状態は下記。

BUFFERS=20
FILES=30
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
COUNTRY=081,932,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512 /H
DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE RAM
DEVICEHIGH=C:\DOS\$FONT.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICEHIGH=C:\DOS\$DISP.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\$IAS.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\ANSI.SYS /X
rem DEVICEHIGH=C:\DOS\RAMDRIVE.SYS
INSTALL=C:\DOS\IBMMKKV.EXE /M=S /Z=4 /C /L /J=90 /S=C:\DOS\MULTDICT.PRO /U=C:\$USRDICT.DCT
DEVICEHIGH=C:\DOS\POWER.EXE
@ECHO OFF
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
PROMPT $P$G
PATH C:\DOS;
SET TEMP=C:\DOS
LH C:\DOS\KEYB.COM JP,932,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
VER
LH C:\DOS\MOUSE.COM
LH C:\DOS\DOSKEY.COM
C:\DOS\DOSSHELL.COM
  • AUTOEXEC.BATの最後の行を下記のようにコメントにする事で、すぐコマンドプロンプト待ちにできる。
    rem C:\DOS\DOSSHELL.COM

関連記事

【Windows10】フリーで使える仮想マシン環境「Oracle VM VirtualBox」をインストール
無料で利用できる仮想マシン環境「Oracle VM VirtualBox」を、Windows10(バージョン1909)パソコンにインストールしたので備忘録を残す。VirtualBoxのインストール下記のページから、Windows...
【Windows10】DOSBox-Xをソースからコンパイルして日本語キーボードを使う
MS-DOSエミュレータソフト「DOSBox」SVNのFork版がGitHubに公開されている。それをWindows10(64bit)上でコンパイルして日本語キーボードが使えるようにしたので備忘録を残す。コンパイル環境の準備コンパイ...

参考

  1. IBM PC DOS | ウィキペディア
  2. Windows Virtual PCにPC DOS 2000を導入
  3. 「Oracle VM VirtualBox」に「IBM PC DOS 2000日本語版」をインストール_01 | YouTube

コメント

タイトルとURLをコピーしました