【macOS】Oracle VM VirtualBoxの仮想マシンで「IBM PC-DOS J2000」を動かす

スポンサーリンク

以前の記事で、無料で利用できる仮想マシン環境「Oracle VM VirtualBox」を、macOS 10.15 Catalinaにインストールした。その仮想マシン上で「IBM PC-DOS J2000」を動かしたので備忘録を残す。

【macOS 10.15 Catalina】Oracle VM VirtualBox がインストールできない対応
無料で利用できる仮想マシン環境「Oracle VM VirtualBox」を利用しようと、macOS 10.15 Catalinaにインストールしたら「インストールできませんでした。」のエラー対応について備忘録を残す。VirtualBo...

経緯

DOS時代の組み込みCPU用のクロスコンパイラを使っていた。Windows7のDOS窓では動いていたのだが、Windows10のDOS窓ではDOSとの互換性が一部なくなってきているのか動かない。Windows7のサポート終了に伴い、なんとかWindows10上でもそのコンパイラを動かすようにしたいので、VirtualBox上で再び「IBM PC-DOS」を動かす事にした。

画像PC-DOS

「IBM PC-DOS J2000」は、当時よく使われていたDOS「PC-DOS J7.0/V」の2000年問題対応パッチをあてたバージョン。ここでは、macOS版のVirtualBoxで動かしているが、Windows版のVirtualBoxでも「PC-DOS」インストール手順はほぼ同じ。

関連ドキュメント

インストール媒体の入手

PC-DOSは当時は使っていたのでインストール用のフロッピー媒体を持っていたのだが、すでに捨ててしまった。そこで、検索したら下記URLから入手できるので、フロッピー版「IBM PC-DOS 2000 [Japanese] (3.5-1.44mb)」セットアップファイルを入手。(CD版ではブートできない)

PC-DOS 2000
IBM PC-DOS was an IBM branded version of MS-DOS licensed from Microsoft for use on the IBM PC system. Versions of PC-DOS paralleled that of MS-DOS up until vers...

画像00

IBM PC-DOS J2000のインストール

VirtualBoxの仮想マシンに「PC-DOS」をインストールする。

仮想マシンを作成

VirtualBoxを起動して、DOS用の仮想マシンを作成する。

画像01

[新規(N)] をクリック。

画像02

仮想マシンの名前を「PC-DOS_2000J」と入力。タイプ/バージョンが自動的に DOS が選択される。

画像03

あとは、基本デフォルト設定で進める。

画像04

画像05

画像06

画像07

画像08

フロッピーデバイス 0: [空] の所をクリックして、[Chose a disk file…] から、先ほどダウンロードした「Disk01.img」ファイルを選択。

画像09

これで、仮想マシンが準備できた。

PC-DOS J2000をインストール

上記で作成した、VirtualBox マネージャー の仮想マシンを選択。

画像11

[起動] ボタンを押して仮想マシンを起動し、インストールを開始。

画像12

Y」を入力しインストールを進める。基本デフォルト設定でEnterで進めていく。

画像13

画像14

画像15

「区画をフォーマットする」を選択し、Enter を押す。

画像16

画像17

画像18

画像19

画像20

画像21

次のディスク交換の要求となるので、右下あたりのDiskアイコンをクリックして、次のDiskファイルを選択して Enter を押して繰り返す。

画像22

画像23

インストール完了して、「README.TXT」が確認できる。

画像24

画像25

[Power off the machine] を選択し、[OK] を押して「PC-DOS」インスール完了。

PC-DOS J2000を起動

フロッピーから起動しないように、VirtualBox マネージャー でフロッピーディスクを取り外しておく。

画像31

[起動] を押して、仮想マシンの実行開始。

画像32

SHIFT + F9 キーでコマンド・プロンプトに入る。

画像33

無事に「PC-DOS」が使えるようになった。なんだか懐かしい…(笑)

設定ファイルの初期値

参考まで、CONFIG.SYSAUTOEXEC.BAT の初期状態は下記。

BUFFERS=20
FILES=30
DOS=HIGH,UMB
DOSDATA=UMB
COUNTRY=081,932,C:\DOS\COUNTRY.SYS
SHELL=C:\DOS\COMMAND.COM /P /E:512 /H
DEVICE=C:\DOS\HIMEM.SYS
DEVICE=C:\DOS\EMM386.EXE RAM
DEVICEHIGH=C:\DOS\$FONT.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\SETVER.EXE
DEVICEHIGH=C:\DOS\$DISP.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\$IAS.SYS
DEVICEHIGH=C:\DOS\ANSI.SYS /X
rem DEVICEHIGH=C:\DOS\RAMDRIVE.SYS
INSTALL=C:\DOS\IBMMKKV.EXE /M=S /Z=4 /C /L /J=90 /S=C:\DOS\MULTDICT.PRO /U=C:\$USRDICT.DCT
DEVICEHIGH=C:\DOS\POWER.EXE
@ECHO OFF
SET COMSPEC=C:\DOS\COMMAND.COM
PROMPT $P$G
PATH C:\DOS;
SET TEMP=C:\DOS
LH C:\DOS\KEYB.COM JP,932,C:\DOS\KEYBOARD.SYS
VER
LH C:\DOS\MOUSE.COM
LH C:\DOS\DOSKEY.COM
C:\DOS\DOSSHELL.COM
  • AUTOEXEC.BATの最後の行を下記のようにコメントにする事で、すぐコマンドプロンプト待ちにできる。
    rem C:\DOS\DOSSHELL.COM

関連記事

【Windows10】フリーで使える仮想マシン環境「Oracle VM VirtualBox」をインストール
無料で利用できる仮想マシン環境「Oracle VM VirtualBox」を、Windows10(バージョン1909)パソコンにインストールしたので備忘録を残す。VirtualBoxのインストール下記のページから、Windows...
【Windows10】DOSBox-Xをソースからコンパイルして日本語キーボードを使う
MS-DOSエミュレータソフト「DOSBox」SVNのFork版がGitHubに公開されている。それをWindows10(64bit)上でコンパイルして日本語キーボードが使えるようにしたので備忘録を残す。コンパイル環境の準備コンパイ...

参考

  1. IBM PC DOS | ウィキペディア
  2. Windows Virtual PCにPC DOS 2000を導入
  3. 「Oracle VM VirtualBox」に「IBM PC DOS 2000日本語版」をインストール_01 | YouTube

コメント

タイトルとURLをコピーしました