【macOS】Microsoft Remote DesktopでWindowsに接続すると日本語キーボードにならない

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

macOSからWindows10に、「Remote Desktop」で接続すると、USキーボードに認識されて、@文字などが入力できない。対応方法の備忘録を残す。

対応

いろいろ調べてみたが、結局、クライアント側のWindows10を自動ログインしておく事で回避できる。

Windows10の自動ログインを設定

スタートメニュー > 右クリック > ファイル名を指定して実行 から「netplwiz」を実行。

画像01

「ユーザがこのコンピュータを使うには、ユーザ名とパスワードの入力が必要」のチェックをはずしてOK

画像02

ユーザ名とワスワードを入力してOK

画像03

これで、再起動すると設定したユーザで自動ログインされる。macOSの「Remote Desktop」から接続してもJISキーボードとして認識された。

補足

  • Windows10では画面キャプチャーを撮る機能が標準で装備されているが、RemoteDesktopからPrintScreenWindowsキーを入力する方法が判らなかった。そこでWinShotというソフトを導入した。(下記記事参照)
    https://www.yokoweb.net/dokuwiki/software/windows/winshot

参考

  1. Windows10 – 起動時のパスワード入力を省略 – 自動サインイン
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続する時の注意点(日本語/ENキーボード誤認問題など)
  3. Mac からのRDP 接続で日本語キーボードを設定する
  4. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続した際の使いづらいキーボードを改善する方法
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする