【Emacs】初期設定ファイルをバイトコンパイルする

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

Emcasの初期設定ファイルはinit-loaderを使って分割している。機能分割すると見通しはよくなるが、ファイル数が多くなってくると多少起動に時間がかかる。少しでも早く起動できるようにバイトコンパイルする事にしたので備忘録を残す。

設定ファイルを一括でコンパイルする

Scratchバッファーなどで、下記のLispコマンドを書いて、C-x C-eで実行。

(byte-recompile-directory (expand-file-name "~/.emacs.d/inits") 0)
  • 私は、初期設定ファイルは ~/.emacs.d/initsフォルダに格納している。

auto-async-byte-compileパッケージを導入

以降、設定ファイルを修正したら自動でコンパイルされるようにauto-async-byte-compileパッケージをインストールし有効にする。

インストール

下記コマンドで、Melpaパッケージからインストール

M-x package-install<RET>
auto-async-byte-compile

設定

~/.emacs.d/inits/30_auto-async-byte-compile.elに下記を記述する。

;;; auto-async-byte-compileの設定
(require 'auto-async-byte-compile)
(setq auto-async-byte-compile-exclude-files-regexp "/junk/")
(add-hook 'emacs-lisp-mode-hook 'enable-auto-async-byte-compile-mode)
  • /junk/ディレクトリは、自動バイトコンパイルしないように指定

尚、私の使っている設定ファイル一式はGitHubで公開している(下記記事)

これまで紹介してきた、私の使ってるEmacsの初期設定ファイル(~/.emacs.d/)をGitHub(下記URL)に公開しました。macO...

参考

  1. Emacsで設定ファイルを初めてバイトコンパイルする方法とその後自動で更新する方法
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする