【Emacs】設定ファイルをGit管理する

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

前記事で書いたようにEmacsの設定ファイルを~/.emacs.d/フォルダに集約し、Mac, Windows, Linuxで共用できるようにした。
そこで、このフォルダをGitサーバに登録し共有することで、更新などが簡単に行える。

Gitサーバにリポジトリを登録

私はUbuntu LinuxパソコンでGitLabサーバを運用しているので、そこにGitリポジトリを作成。また、BitbucketGitHubなどのホスティングサービスを利用してもよい。

【Note】

  • Bitbucketはプライベートなリポジトリは無料で作れる。逆に、GitHubは公開リポジトリが無料。

Gitリポジトリのクローン

Gitサーバにベアリポジトリ(空のリポジトリ)を作成したら、そのURLを指定してEmacs管理ディレクトリ(~/.emacs.d/)を下記手順でクローン。

既に~/.emacs.d/ディレクトリがある場合は、削除するかリネームする。

$ cd ~
$ git clone <リポジトリURL> .emacs.d

これで、~/.emacs.d/フォルダが作成されたので、そこに設定ファイルを作成していき、区切りでコミット&プッシュしてGitサーバに登録する。このGitサーバに登録したデータは、他のパソコンからクローン(プル)する事で読み出して共有する。

.gitignoreファイルを登録

~/.emacs.d/フォルダには、自分で作成したinit.elなどの設定ファイルの他に、Emacsの作業データなども格納される。
これらの作業ファイルはGitの管理から外しておきたいので、Gitで無視するファイルリストを、下記のように~/.emacs.d/.gitignoreに記述しておく。

.recentf
server/
auto-save-list/
eshell/
kkcrc
ac-comphist.dat
ido.last
*.???~

補足

Git, Emacs には、ほんと感心する事ばかり。素晴らしい世界!!

<2017/01/25 追記>

私の使っている設定ファイル一式をGitHubに公開したのを下記記事で紹介。

これまで紹介してきた、私の使ってるEmacsの初期設定ファイル(~/.emacs.d/)をGitHub(下記URL)に公開しました。macO...

参照記事

参考

  1. SourceTree – Windows と Mac 対応 Git & Mercurial 無料クライアント | Atlassian
  2. [Git] .gitignoreの仕様詳解 – Qiita
  3. Gitが、おもしろいほどわかる基本の使い方33-目次 | Webデザインとグラフィックの総合情報サイト – MdN Design Interactive –
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする