【Ubuntu 16.04 LTS Server】GitLabでGitサーバを構築する

スポンサーリンク

gitliteをGitサーバとして使ってきたが、GitLabもaptで簡単にインストール出来るようになってるようで、Ubuntu 16.04 LTS Server にインストールして試す。

<追記 2018/05/04>

Ubuntu 18.04 LTS Server にアップグレードしても動作する事を確認。

【Ubuntu 18.04 LTS Server】Ubuntu 16.04 LTS Server からアップグレード
Ubuntu 18.04 LTS が、4月26日(日本時間27日)にリリースされた。そこで、いままで利用していた Ubuntu 16.04 LTS Server から「Ubuntu 18.04 LTS Server」にアップグレードした...
【Ubuntu 18.04 LTS Server】GitLabでGitサーバを構築する
前の記事で「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。そこで、Gitサーバとしてオープンソースソフトウェアの「GitLab-CE」をインストールしたので備忘録を残す。GitLabのインストール下記U...

GitLabのインストール

下記URLの手順に従ってインストールする。
https://about.gitlab.com/installation/#ubuntu?version=ce

1)必要なパッケージのインストール

$ sudo apt install curl openssh-server ca-certificates postfix

postfixの設定では、「ローカルのみ」を選択し進める。

2)GitLabパッケージのインストール

$ curl -sS https://packages.gitlab.com/install/repositories/gitlab/gitlab-ce/script.deb.sh | sudo bash
$ sudo apt install gitlab-ce

3)URLの設定/確認

GitLab の基本設定は/etc/gitlab/gitlab.rbで行う。デフォルトのままでよければ次へ進む。

$ sudo nano /etc/gitlab/gitlab.rb

GitLab の Web インターフェイスや Git リポジトリへアクセスするときに使う URL を、設定ファイルの最初にあるexternal_url に指定する

external_url 'http://hoge-server'

デフォルトでは80ポートを使うが、もしポート変更する場合は、下記のように:を付けて指定する。

external_url 'http://hote-server:8081'

【注意】
8080ポートはGitLabが「http-proxy」で使うようで、それ以外のポートを使う事。 私は最初、8080ポートで試して504エラーが出て悩んだ。

タイムゾーンの設定

gitlab_rails['time_zone'] = 'Asia/Tokyo'

4)コンフィグレーション

$ sudo gitlab-ctl reconfigure

※設定ファイル/etc/gitlab/gitlab.rbを変更した時にも、上記コマンドを実行して設定を反映させる。

GitLabサーバの名前解決

クライアントパソコンから、GitLabサーバに exnternal_url の名前でアクセスできるように、DNSサーバやクライアントパソコンの hosts に登録しておく。特にGitLabのメール送信機能を使う場合は、確認メールのリンクからアクセスが必要なので必須。
私はクライアントパソコンのhostsファイルに下記登録。

192.168.1.12    hoge-server

(windowsパソコンの場合)
C:¥Windows¥System32¥drivres¥etc¥hosts ファイル

(Mac OSXパソコンの場合)
/private/etc/hosts ファイル

管理画面の表示

Webブラウザから、GitLabサーバにhttpアクセスすると管理画面が表示される
http://hoge-server/

初回起動したら、rootユーザのパスワードを聞かれるので、パスワードを入力する。
続いて、ユーザ名: root, 先ほどのパスワードで Sing in すると管理画面が表示される。

GitLabサービスの動作確認

$ sudo gitlab-ctl status

サービスの再起動は

$ sudo gitlab-ctl restart

更新アップデート

GitLabはけっこう頻繁にアップデートメンテナンスされている。なので、時々、下記コマンドを実行して更新しておくと安心。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

補足

  • gitユーザが作られホームディレクトリは/var/opt/gitlabに設定される。 既にgitユーザがあれば、そのホームディレクトリに設定変更される。

所感

GitLabは、ubuntu 16.04 LTS serverをインストールした素の状態から、上記のaptでインストールするだけで構築できた。GitoLiteでGitサーバを構築するよりも驚くほど簡単に出来る。お薦めである。

参照記事

【GitLab】メール送信機能を使う
前回の記事で、GitLabサーバを構築したが、メール送信機能を使えるように設定する。私は、プロバイダーは@niftyを使っているので @niftyのsmtpサーバ経由でメール送信するように設定。/etc/gitlab/gitlab...

参考

  1. Git – GitLab
  2. GitHub クローンな GitLab をインストールする
  3. 俺のGitLab – Qiita
  4. GitLabのユーザー権限・グループ権限 | urashita.com
  5. GitLab でサーバーサイドフックを記述する際には、 custom_hooks ディレクトリにスクリプトを置く。 – Qiita
  6. GitLab にカスタムフックを設定する
  7. Macでhostsファイルを変更・反映 – Qiita
  8. GitHubクローン「GitLab」を日本語化して使う方法 – Qiita
  9. omnibus-gitlabでtimezoneをAsia/Tokyoにする | orca8の備忘録
  10. 【linux】ユーザーのパスワードを無効にする、空にする at softelメモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました