【GitLab】メール送信機能を使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

前回の記事で、GitLabサーバを構築したが、メール送信機能を使えるように設定する。
私は、プロバイダーは@niftyを使っているので @niftyのsmtpサーバ経由でメール送信するように設定。

gitliteをGitサーバとして使ってきたが、GitLabもaptで簡単にインストール出来るようになってるようで、Ubuntu 16.04...

/etc/gitlab/gitlab.rbファイルの編集

下記リンクのサンプルを参考にsmtpサーバの情報をgitlab.rbファイルに設定する。尚、smtpサーバの情報は各プロバイダーで確認(下記リンク参考)。
Omnibus GitLab documentation Configuring omnibus settings SMTP settings

$ sudo nano /etc/gitlab/gitlab.rb

送信されるメールの送信元情報を設定

gitlab_rails['gitlab_email_enabled'] = true
gitlab_rails['gitlab_email_from'] = '<アカウント>@nifty.com'
gitlab_rails['gitlab_email_display_name'] = 'GitLab@hoge-server'

プロバイダのsmtp情報を設定

gitlab_rails['smtp_enable'] = true
gitlab_rails['smtp_address'] = "smtp.v6.nifty.com"
gitlab_rails['smtp_port'] = 465
gitlab_rails['smtp_user_name'] = "<アカウント>@nifty.com"
gitlab_rails['smtp_password'] = "<アカウントパスワード>"
gitlab_rails['smtp_domain'] = "nifty.com"
gitlab_rails['smtp_authentication'] = "login"
gitlab_rails['smtp_enable_starttls_auto'] = true
gitlab_rails['smtp_tls'] = true

上記設定変更したら、下記コマンドを実行して設定を反映させる。

$ sudo gitlab-ctl reconfigure

メール送信の確認

GitLabの管理画面にログインし、rootユーザの「profile setting」からメールアドレスを登録すると、確認メールが送信される。
その確認メールのリンクをクリックすると、メールアドレスが登録される。なので、このリンク先のGitLabサーバのURL「external_url」が解決できるようにしておく必要がある(前の記事参照)。

参照記事

参考

  1. GitLabのメール通知をGmailで送る – 獺のIT備忘録
  2. GitLab 8.2 + HTTPS 設定メモ – Qiita
  3. Mail@nifty > メールソフトの設定方法(IPv6をご利用の方へ) : @nifty
  4. Mail@nifty > メールソフトの設定方法(POP/SMTP over SSLをご利用の方へ) : @nifty
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする