【Emacs/macOS】画面サイズによってフォントサイズを自動切り換え(Osaka等幅フォントに固定する)

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

mac miniとimac(27インチ)とでEmacsを利用しているが、27インチの時はフォントサイズを自動的に大きくなるようにした。
併せて、フレームサイズを86文字×45行にする。

Emacs設定

下記を初期設定に追加。
尚、私はinit-loaderを利用しており、~/.emacs.d/inits/cocoa-emacs-02_frame.elファイルを作成。

;; 初期フレームの設定
(setq initial-frame-alist
      (append (list
           '(width . 86)
           '(height . 45)
;;         '(top . 0)
;;         '(left . 0)
           )
          initial-frame-alist))

;; モニタ解像度に応じてフォントサイズを変える
;; ※高さが1100以上の場合はフォントサイズを18,それ未満は16にする
(let ((size (if (>= (x-display-pixel-height) 1100) 18 16)))
  (condition-case err
      (let ((myfont (format "Osaka-%d" size)))
    (set-frame-font myfont)
    (add-to-list 'initial-frame-alist `(font . ,myfont)))
    (error (message "%s" err))))

;; 新規フレームのデフォルト設定
(setq default-frame-alist initial-frame-alist)

Osaka等幅フォントに固定する

Osaka等幅フォントになるように、アプリケーション→Font Book→Osaka
レギュラーを選択し右クリックで「使用停止」して“切”で使う。(参考[4.]

画像

参照記事

参考

  1. 解像度に応じて設定を変える – Qiita
  2. Emacs24.1でフレームサイズの設定をディスプレイサイズに自動で合わせる – 鴨のいいカモです
  3. 起動時のフレームサイズをディスプレイ解像度に応じて縦いっぱいに – cl.note
  4. Mac OS X でOsaka-等幅を使う方法 – Qiita
  5. Emacs起動時のフレームのサイズ,位置,フォントを指定: プログラマーになりたい!
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする