【Emacs】elscreenでタブエディター化

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

WindowsではずっとWzエディターを使ってきて、F2キーでのタブ切換えを多用してきた。その使い勝手をEmacsでも使えるようにならないかと調べてみたらelscreenで出来そうなので導入。備忘録を残す。

準備

elscreenパッケージをインストール。

M-x package-install<RET>
elscreen

Emacsの設定

下記を初期設定に追加。
尚、私はinit-loaderを利用しており、~/.emacs.d/inits/30_elscreen.elファイルを作成。

;;; elscreenの設定
;;; プレフィクスキーはC-z
(setq elscreen-prefix-key (kbd "C-z"))
(elscreen-start)
;;; タブの先頭に[X]を表示しない
(setq elscreen-tab-display-kill-screen nil)
;;; header-lineの先頭に[<->]を表示しない
(setq elscreen-tab-display-control nil)
;;; バッファ名・モード名からタブに表示させる内容を決定する(デフォルト設定)
(setq elscreen-buffer-to-nickname-alist
      '(("^dired-mode$" .
         (lambda ()
           (format "Dired(%s)" dired-directory)))
        ("^Info-mode$" .
         (lambda ()
           (format "Info(%s)" (file-name-nondirectory Info-current-file))))
        ("^mew-draft-mode$" .
         (lambda ()
           (format "Mew(%s)" (buffer-name (current-buffer)))))
        ("^mew-" . "Mew")
        ("^irchat-" . "IRChat")
        ("^liece-" . "Liece")
        ("^lookup-" . "Lookup")))
(setq elscreen-mode-to-nickname-alist
      '(("[Ss]hell" . "shell")
        ("compilation" . "compile")
        ("-telnet" . "telnet")
        ("dict" . "OnlineDict")
        ("*WL:Message*" . "Wanderlust")))

;; キーバインド
(global-set-key (kbd "<f9>") 'elscreen-toggle)

F9キーに「前と次のスクリーンをトグル」機能に割り当てた。その他使えるキーは下記。もちろんマウスクリックでの切り換えも可能。

キー 説明
C-z c 新規スクリーンを作成して移動する
C-z k 現在のスクリーンを閉じる
C-z p 前のスクリーンへ
C-z n 次のスクリーンへ
C-z a 前と次のスクリーンをトグル
C-z [0-9] 番号のスクリーンへ
C-z ? ヘルプを表示する

helm連携キー

キー 説明
C-z C-f 新しいelscreenでファイルを開く
C-z b 新しいelscreenでバッファを開く
C-z d 新しいelscreenでdiredを開く

画面例

helmを入れていると、C-z C-fキーのelscreen-find-file機能で新しいタブを開ける。求めていた使い勝手、素晴らしい!!

elscreen画像

参照記事

参考

  1. elscreen.el : Emacsをタブエディタ+GNU Screen(Tmux)化してしまえ!ウィンドウ構成管理の重鎮
  2. ElscreenをEmacs24に入れてみる – Kamuycikap – SentenceDataBase
  3. tabbar.el : Emacsをタブエディタ化し、バッファを俯瞰する
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする