【macOS】FTDIチップ搭載のUSBシリアル通信を使う

スポンサーリンク

以前の記事でPL2303HXを使ったシリアル通信を紹介した。今回、FTDI製チップ搭載のシリアルケーブルを入手して使ったので備忘録を残す。

【macOS】シリアル通信を動かす(PL2303HX)
前の記事で作成した、「Raspberry Pi」用のu-bootを、Macパソコンからでも使えるように、シリアル通信を動かす。シリアル-USB変換ケーブルの準備シリアル-USB変換ケーブルは、私はアマゾンから下記を入手。搭載チッ...

FTDIチップ搭載のシリアルケーブル

iBUFFALOの「BSUSRC0610BS」が、FTDIチップを搭載しているらしいので入手した。

画像00

通信ドライバー

FTDIチップは広く使われているICなので、macOSでは標準でサポートされている。つまりドライバのインストールは不要で、そのままUSBコネクタに挿入する。下記コマンドで、デバイス名を確認。

$ ls -l /dev/cu.u*
crw-rw-rw-  1 root  wheel   18,   3 12  2 16:10 /dev/cu.usbserial-FTRWI4BL

/dev/cu.usbserial-FTRWI4BL」のデバイス名で無事に認識。(楽ちん^^)

通信確認

以前の記事で紹介した、C-Kermitで通信確認する。

【macOS】C-Kermitをシリアルコンソール通信ソフトとして使う
以前の記事で、macOSでシリアル通信を動かした。使い勝手のいいシリアルコンソール通信ソフトがないかと探していたら、「C-Kermit」がコンソール端末モードでも利用できる事が判り使ってみたので備忘録を残す。C-Kermitのイ...

下記のように「~/.kermrc」ファイルに確認したデバイス名を指定。

set line /dev/cu.usbserial-FTRWI4BL
set carrier-watch off
set speed 115200
set parity none
set flow-control none

Raspbery-Piとの接続

RS232CのCOMポート信号(±12V)から、Raspbery-PiコネクタのTTL信号(3.3V)に変換する必要がある。以下の、変換基板を入手してRaspbery-Piと接続した。

画像10

Raspbery-PiのU-Bootと通信

C-Kermitを実行して、Raspbery-Pi と通信確認。
画像01

【Raspberry Pi】u-bootを動かす
前の記事で作成した、u-bootを、「Raspberry Pi」に入れて、動かしてみる。シリアル接続の準備u-bootでは、シリアル通信を使って、コマンド入出力する。シリアル-USB変換ケーブルが必要で、私はアマゾンから下記を...

補足

  1. Windows10とUbuntu Linuxでも、標準でサポートされている。
  2. 下記のFTDIチップ搭載ケーブルでも同様に動作した。

参考

  1. OS X macOS Mojave 10.14対応 FTDI VCPドライバをインストールする方法
  2. Mac OS X MavericksにおけるFTDIシリアルポートドライバの取扱い
  3. Mac で RS232C の制御をするなら FTDI を使え
  4. Haskellメモ というか,High Sierra と FTDI USB Serial メモ
  5. Future Technology Devices International | MACNICA

コメント

タイトルとURLをコピーしました