【macOS】c-kermitをシリアルコンソール通信ソフトとして使う

スポンサーリンク

以前の記事で、macOSでシリアル通信を動かした。

【macOS】シリアル通信を動かす(PL2303HX)
前の記事で作成した、「Raspberry Pi」用のu-bootを、Macパソコンからでも使えるように、シリアル通信を動かす。シリアル-USB変換ケーブルの準備シリアル-USB変換ケーブルは、私はアマゾンから下記を入手。搭載チッ...

使い勝手のいいシリアルコンソール通信ソフトがないかと探していたら、「c-kermit」がコンソール端末モードでも利用できる事が判り使ってみたので備忘録を残す。

c-kermitのインストール

Homebrewから、下記コマンドでインストール

$ brew install c-kermit

起動できるか確認

$ kermit --version
9.0.302 [9.0.302]

通信初期設定

Homeディレクトリの .kermrc ファイルに起動時に実行するコマンドを記述しておく。

$ nano ~/.kermrc
set line /dev/tty.usbserial
set carrier-watch off
set speed 115200
set parity none
set flow-control none

使い方

c-kermitの起動

$ kermit
C-Kermit 9.0.302 OPEN SOURCE:, 20 Aug 2011, for Mac OS X 10.14 (64-bit)
 Copyright (C) 1985, 2011,
  Trustees of Columbia University in the City of New York.
Type ? or HELP for help.
(/Users/hoge/) C-Kermit>

コマンド入力待ちになるので、c コマンドで端末通信モードになる。

(/Users/hoge/) C-Kermit>c
Connecting to /dev/tty.usbserial, speed 115200
 Escape character: Ctrl-\ (ASCII 28, FS): enabled
Type the escape character followed by C to get back,
or followed by ? to see other options.
----------------------------------------------------

これで、端末通信モードになりシリアルポートから文字の送受信ができる。
端末通信モードの終了は、Ctrl-\ を押して c を押す。

(Back at iMac.local)
----------------------------------------------------
(/Users/hoge/) C-Kermit>

コマンド入力待ちになるので、exit で終了。

(/Users/hoge/) C-Kermit>exit
Closing /dev/tty.usbserial...OK
hoge@iMac: ~
$

補足

  • kermitは、もともとパソコン通信時代に開発されたファイル転送や自動マクロ通信ソフトだが、端末通信ソフトとしても優れた機能を備えている。
  • UbuntuなどのLinuxでも、同様に使えるものと思う。
  • kermitプロトコルでファイル転送したい場合はコマンドモードに戻り、送信は「send <ファイル名>」、受信は「recive」コマンドを実行。

参考

  1. カーミット (プロトコル)
  2. KERMIT PROTOCOL MANUAL
  3. Install c-kermit on Mac OSX
  4. kermitの使い方
  5. TeraTerm + C-Kermit でファイル転送

コメント

タイトルとURLをコピーしました