【macOS】Emacsが25.2にバージョンアップ

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

以前の記事で、Emacs Mac Portのインストールを紹介したが、Emacsのバージョンが25.2にバージョンアップされました。

Macで手に馴染むエディターがなかなかなくて、atomとかも使ってたのですが、どうも馴染めなくて楽しくない(笑) Emacsはいいかもと漠然...

下記コマンドで、バージョンアップ。

$ brew update
$ brew upgrade

バージョンアップ完了したら、下記コマンドでバージョン確認。

$ emacs --version
GNU Emacs 25.2.1
Copyright (C) 2017 Free Software Foundation, Inc.
GNU Emacs comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You may redistribute copies of GNU Emacs
under the terms of the GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file named COPYING.

補足

  • 25.1で利用してた、初期設定ファイルなどはそのままで使えた。
これまで紹介してきた、私の使ってるEmacsの初期設定ファイル(~/.emacs.d/)をGitHub(下記URL)に公開しました。macO...

参照記事

macOS, Windows(msys2), Ubuntu-serverで共通操作性のエディターを目指して、「Emacs 25」環境を構築し...
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする

コメント

  1. rohnin2 より:

    いろいろ教えていただいてありがとうございます。
    お尋ねしたいことがあって書き込みをします。brewでバージョン管理をすると、upgradeしたときに、
    elispのファイルを入れたフォルダや、texinfo形式のファイルやinit.elという設定を書いたファイルが上書きされてしまわないでしょうか?

  2. jr4qpv より:

    >草々さん
    コメントありがとうございます。
    私は、必要なファイルは、~/.emacsd/フォルダ以下に集約しているので、大丈夫でしたよ。念の為、消えると困るファイルはバックアップしてからupgradeするとよいかもです。
    brew版もオリジナルのGitソースとも時差はほとんど無いようでしたので、お手軽に使えるbrewで使ってます(^_^)

  3. rohnin2 より:

    教えていただき、ありがとうございます。
    それでは