【macOS】10.15 Catalinaのzshプロファイルに対応する

スポンサーリンク

前の記事でmacOSを10.15「Catalina」にアップグレードした。

【macOS】10.15 Catalinaへのアップグレード手順と気付き
本日、macOSの新バージョン10.15「Catalina」が正式公開されていた。早々アップグレードしたので備忘録を残す。準備念のため、アンチウイルスソフト(私の場合はESET)は、アンインストールしておく。アップグレード後、対応...

このバージョンからデフォルトシェルが「bash」から「zsh」に変更になった。そこで、これまでのプロファイルをzshに対応させたので備忘録を残す。

アップグレードの場合

macOSを10.15にアップグレードした場合は、以前の環境を引き継いでbashのままとなっているので、ターミナルを開くと下記のようにデフォルトシェルは今はzshだとメッセージ表示される。(試しに、新しくユーザを作ってみたらzshとなってた)

画像01

そうなんだ、、、、
下記サイトを参照し、デフォルトシェルをzshに変更してプロファイルを作った。

zsh を Mac のデフォルトシェルとして使う
macOS Catalina から、Mac は zsh をデフォルトのログインシェルおよびインタラクティブシェルとして使うようになります。それ以前のバージョンの macOS でも、zsh をデフォルトにすることができます。

デフォルトシェルを変更

デフォルトシェルを「zsh」に変更する。

  1. Apple メニュー > 「システム環境設定」の順に選択し、「ユーザとグループ」をクリック。
  2. 鍵のアイコンをクリックし、アカウント名とパスワードを入力して変更できるようにする。
  3. 左側にあるユーザのリストで自分のユーザ名を右クリックし「詳細オプション」を選択。

画像02

「ログインシェル」のプルダウンメニューから「/bin/zsh」を選択し、[OK]をクリックして変更内容を保存。

zshプロファイルを作成

zsh のプロファイルは下記の動きだそうです。

  • .zprofile.bash_profile に相当し、ログイン時 (SSH ログインも含む) に実行される。
  • .zshrc は に .bashrc 相当し、新しいターミナルセッションごとに実行される。

ただ「bash」の時は、.bash_profile から .bashrc を呼び出していたが、「zsh」では両方ともシェルから呼ばれる模様。
なので、.zprofile の内容は空で作成。次に、.zshrc.bashrc をコピーして作成。ただし、PS1 の書式が違うので、そこだけを修正。尚、他の書式はほぼ互換があるよう。(下記は、私の設定ファイル例)

# .zshrc

export PS1="%10F%m%f:%11F%1~%f \$ "

# some more ls aliases
alias ll='ls -lF'
alias lla='ls -alF'
alias la='ls -A'
alias l='ls -CF'

起動画面

上記の設定で起動した時の画面。

画像02

プロンプトに色がついた。

追記(2019/10/17)

プロンプトの設定(PS1=のところ)を下記に見直した。

PROMPT='%F{green}%n@%m%f:%F{cyan}%~%f
$ '

画像03

カレントディレクトリをフルパスで表示し改行し、コマンド入力するようにした。

参考

  1. zsh を Mac のデフォルトシェルとして使う | apple サポート
  2. Catalinaでデフォルトシェルが「zsh」に変わる、bashとの違いは?
  3. zsh のプロンプト
  4. zshでプロンプトをカラー表示する

コメント

タイトルとURLをコピーしました