【macOS】ESETでウイルス対策する

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

最近、ラムサムウェア「WannaCryptor」などのコンピュータウイルス脅威の話題がマスコミなどでも騒がれている。macOSなら安心という状況でもなくなってきているので、ウイルス対策ソフトを入れる事にした。

私は、Windowsパソコンには「ESET ファミリー セキュリティ」を使っている。
このソフトは、1製品で5台のデバイスのセキュリティー管理ができ、「動作の軽快さ」と「高い検出率」で定評のあるソフトでmacOSにも対応しているので、今回macOSにインストールした。

ESET Cyber Securityのインストール

下記URLの手順を参考に、「ESET Cyber Security V6.4」のインストーラを入手しインストール。

https://eset-info.canon-its.jp/support/versionup/ecs.html

補足

最初は「ESET Cyber Security Pro V6.4」を試したのだが、電源起動時に起動に随分時間がかかる現象が発生した。どうもパーソナルファイアウォールが私の環境では厳し過ぎるようでファイアウォール機能を停止したらOKとなった。うまく設定すれば使えるのかもしれないが、ファイアウォールはmacOSの標準機能を使う事にし、ファイアウォール機能のないPro版ではない方の「ESET Cyber Security V6.4」を使う事にした。

  • 「Pro」あり/なしのどちらも、同じライセンスで利用可能。

【ESET製品機能比較】・・・参考[5.]から抜粋

比較内容 Cyber Security Pro V6.4 Cyber Security V6.4
ウイルス・スパイウェア対策
パーソナルファイアウォール
迷惑メール対策
フィッシング対策
ペアレンタルコントロール
アンチセフト(盗難対策)

macOSのファイアウォール機能を有効にする

下記手順でファイアウォールを有効にする。

  1. Apple メニューの「システム環境設定」を選択。
  2. 「セキュリティ」または「セキュリティとプライバシー」アイコンをクリック。
  3. 「ファイアウォール」タブをクリック。
  4. 左下隅のカギのアイコンをクリックして、管理者の名前とパスワードを入力し、パネルのロックを解除。
  5. 「ファイアウォールを入にする」または「開始」をクリックして、ファイアウォールを有効にする。

画像01

所感

さすがに「動作の軽快さ」が売りのソフトで、今の所、特に遅くなったりとかのトラブルも無く快適に使えている。
ESETファミリーセキュリティーは、MacやAndroidなども含めて5台まで使えて更に3年版もある。時々キャンペーンとかでお得に売られていたりしてお勧め。

参考

  1. 世界的な規模で感染拡大したランサムウェア「WannaCryptor」について
  2. Windows環境での「WannaCryptor」に関するESET社による対応状況について
  3. OS X:アプリケーションファイアウォールについて
  4. macOS Sierra: ファイアウォールを使って不要な接続をブロックする
  5. ESET 製品比較(パッケージ版とダウンロード版はどんな違いがあるの?各製品の違いは?)
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする