【RTX1210】ルータのDHCPサーバにMacアドレス登録してIPアドレスを固定する

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

ヤマハのルータ「RTX1210」で、DHCPサーバにMacアドレスを登録する事があったので手順の備忘録を残す。
尚、この手順はRTX1200でも同様。

ルータのDHCPサーバに、MACアドレス登録

telnetかSSHで、ルータに接続してコンソールから登録する。
クライアントパソコン側のDHCP仕様で、以下の2種類のパターンがある。パターンが異なるとDHCPサーバが認識せずIPアドレスが配布されないので、うまく動く方を使う。

# dhcp scope bind 1 <ip> ethernet <mac>

or

# dhcp scope bind 1 <ip> <mac>
  • 「1」の箇所は、DHCPサーバのスコープ番号で、デフォルトでは「1」だが、変えてる場合はその番号に変更する。

予約した端末にのみIPアドレスを割り当てる

RTX1210のデフォルトでは、Macアドレス登録されていない端末からの要求は空いているアドレスが割り当てられるが、もしも登録した端末だけに制限したい場合は、下記設定を追加。

dhcp scope lease type 1 bind-only

DNSサーバにホスト名を登録

RTX1210ルータには、プライベートなDNSサーバ機能を思っており、下記コマンドでホスト名を登録する事もできる。

# ip host yokoserver 192.168.100.11
ヤマハのルータには簡易DNSサーバ機能がある。パソコンなどのホスト情報(IPアドレス)を登録でき、LAN内からのDNS問い合わせに応答するも...

補足

  • 設定したconfig情報の確認。
    # show config
  • ルータが割り当てたDHCP情報の確認。
    # show status dhcp
  • ルータが割り当てた、DHCPサーバ情報を手動で削除するには下記コマンド。
    # dhcp manual release <ip>
  • この機能を使って、サーバパソコンのIPアドレスも固定にできる。
  • RTX1200ではGUIからもMacアドレス登録ができたが、RTX1210ではコンソールからの設定のみとなっている。

参照記事

この9月に新しくリリースされたアップルのiOS10とmacOSでは、PPTPのVPN接続が廃止された(過去記事)。 これまで我が家ではヤマハ...

参考

  1. Yamaha ルーターシリーズ コマンドリファレンス
  2. DHCPサーバー機能とMACアドレスフィルタの併用
  3. DHCPサーバー機能アドレス管理強化
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする