【RTX1210】外部からのIPv6通信を許可してWebサーバを公開

スポンサーリンク

以前の記事で、IPv4通信ではWebサーバを公開できるようにした。
今回、IPv6からも外部公開できるようにしたので備忘録を残す。

【RTX1210】外部公開ポート(静的IPマスカレード)の設定
前の記事で、ヤマハのルータ「RTX1210」でインターネット通信できるようにした。次に、Webサーバを外部公開する為に、インターネット外部からアクセスできる公開ポートを設定したので備忘録を残す。ネットボランチDNSサービス登録...

公開するサーバのIPv6アドレスを確認

公開するUbuntuサーバのグローバルIPv6アドレスを確認。

$ ifconfig
enp24s0: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 192.168.1.202  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.1.255
        inet6 240b:111:222:333:444:555:666:7777  prefixlen 64  scopeid 0x0<global>
  • グローバルIPv6アドレスは、世界中からそのパソコンを特定してアクセスできるユニークな番号。
【Ubuntu 18.04 LTS Server】Apache2とPHP7.2を動かす
以前の記事で「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。続いて、WordPressやDokuWikiを動かす準備として、Apache2とPHP7.2を動かすようにしたので備忘録を残す。Apache2のイ...

DNSサービスにIPv6アドレスを登録

DNSサービスに、IPv6とIPv4の両方アクセスできるように登録。(下記記事参照)

【お名前.com】IPv4(Aレコード)とIPv6(AAAAレコード)の両方に対応させる
以前の記事で「お名前.com」のDNSサービスを使うのを紹介した。今回、公開しているWebサーバをIPv6にも対応する為に、IPv6(AAAAレコード) と IPv4(Aレコード) の両方を登録するようにしたので備忘録を残す。DN...

RTX1210のフィルタ設定

以前の記事で設定したように、RTX1210は外部からのIPv6通信は基本的には遮断する設定になっているので、外部からの公開するサーバパソコン宛てのIPv6通信が通るようにフィルタを設定。

ipv6 filter 101010 pass * 240b:111:222:333:444:555:666:7777 tcp * www
ipv6 filter 101011 pass * 240b:111:222:333:444:555:666:7777 tcp * https
ipv6 lan2 secure filter in (...省略...) 101010 101011
ヤマハルータ「RTX1210」でIPv6プラスを使う
以前の記事で紹介したように、これまでヤマハルータ「RTX1200」でIPv6プラスを使ってインターネット通信を運用していたが、今回、ついに「RTX1210」にリプレースして運用開始したので手順など備忘録を残す。我が家の通信環境は @...

HGWのフィルタ設定

以前の記事で紹介したように、私のネットワーク構成は、HGWとRTX1210二つのルータを直列接続で使っている。
そこでHGW側も、外部からのIPv6通信が通るようにフィルタを設定(下記のエントリ番号2,3を追加)。

画像11

ipv6-testの通信テストで確認

ipv6-test.com – Website」を実行。

【実行結果】
画像21

これで、IPv6通信でアクセス出来る事が確認できた。

IPv6とIPv4の接続を表示

本サイトの右下サイドバーに「PHP Code Widget」プラグインのウィジェットを使って、IPv4/IPv6通信のどちらでアクセスしているかを表示するようにした。(参考.1を参考にした)

画像32

関連記事

【RTX1200】DNS問い合わせをIPv6対応にする
以前の記事で紹介したように、RTX1200でIPv6プラスを使って、IPv6通信対応にした。ただ、なんだかmacパソコンで使っていると、起動時の最初のWeb応答が遅い時があった。きちんと表示はできるので、DNSあたりに問題がありそう...

参考

  1. WordPress の Widget で PHP コードを実行させて IPv4 と IPv6 接続を表示
  2. 【PHP】IPv6/IPv4のどちらでアクセスしているか判定して表示する

コメント

タイトルとURLをコピーしました