【お名前.com】IPv4(Aレコード)とIPv6(AAAAレコード)の両方に対応させる

スポンサーリンク

以前の記事で「お名前.com」のDNSサービスを使うのを紹介した。
今回、公開しているWebサーバをIPv6にも対応する為に、IPv6(AAAAレコード) と IPv4(Aレコード) の両方を登録するようにしたので備忘録を残す。

【RTX1200】ヤマハルータで「お名前.com」の独自ドメイン名を使う
前の記事で紹介したように、「お名前.com」で独自ドメイン名を取得した。私のインターネット環境は@niftyのフレッツ光接続で、固定IPアドレスではないので接続の度にグローバルアドレスが変更される。独自ドメイン名へのアドレス登録は...

DNSレコードの設定

お名前.comのDNS関連機能設定から「DNSレコード設定を利用する」の[設定する]を押して進む。

画像01

公開するホスト名に、Aレコード と AAAAレコード の両方を設定する。

画像02

  • Aレコードは、お名前.comで配布のDDNSクライアントソフトによる更新を行うので、最初は適当なグローバルアドレスを登録しておく。
  • AAAAレコードは、公開するサーバパソコンのグローバルIPv6アドレスを登録。(Linuxなどの場合は、ifconfigコマンドなどで確認)

nslookupで確認

Linux(Ubuntu)パソコンから、登録したDNSレコードがひけるか確認してみる。

$ nslookup
> yokosrv3.yokoweb.work
Server:     127.0.0.53
Address:    127.0.0.53#53

Non-authoritative answer:
Name:   yokosrv3.yokoweb.work
Address: 222.111.001.123
Name:   yokosrv3.yokoweb.work
Address: 240b:253:222:333:444:555:666:7777
> exit
$

上記のように、設定したIPv4とIPv6アドレス両方の応答が確認できればOK。

  • nslookupコマンドのバージョンによっては、AAAAレコード検索は、set type=AAAA と入力してから確認が必要。

補足

  • 設定変更して実際に使えるようになるまで、多少時間かかる。(数10分程度)
  • 以前の記事で紹介した CNAMEレコード では、同じホスト名に AAAAレコードが併用して設定できない(参考.1)。なので、IPv6通信でAAAAレコードを同時登録して利用したいので、通常のAレコードで設定してDDNSクライアントソフトでAレコード側を更新しながら運用する事にした。
  • 実際には、www のサブドメイン名でWeb公開しているので、上記設定したホストをCNAMEで www のホストに設定している。

参考

  1. 【ドメイン】DNSレコード設定では、同じホスト名のレコードを複数設定できる?
  2. nslookup で IPv6 のアドレスを調べる

コメント

タイトルとURLをコピーしました