【Ubuntu 18.04 LTS Server】Apache2とPHP7.2を動かす

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

以前の記事で「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。

Ubuntu 18.04 LTS が、4月26日(日本時間27日)にリリースされた。 そこで、新規に「Ubuntu 18.04 LTS S...

続いて、WordPressやDokuWikiを動かす準備として、Apache2とPHP7.2を動かすようにしたので備忘録を残す。

Apache2のインストール

$ sudo apt install apache2

設定ファイルの確認

設定ファイルを書き換えたら、以下のコマンドでエラーがないか確認

$ sudo apache2ctl configtest

Webブラウザで、サーバのIPアドレスを入力し動作確認

「Ubuntu default page」が表示される

http://<サーバIP>/

画像01

php7.2のインストール

$ apt install php7.2 libapache2-mod-php7.2

PHPの動作確認

ホームページのドキュメントルートに、下記ファイルを置いて、ブラウザから確認してみる。

下記内容の「/var/www/html/info.php」ファイル作成。

$ sudo nano /var/www/html/info.php
<?php
  phpinfo();
?>

Webブラウザから動作確認

http://<サーバIP>/info.php

画像02

補足

  • Apacheのデフォルトでは、「/var/www/html/」フォルダの内容が表示される。
  • apache2再起動や apache2ctl configtest時にAH00558が発生する場合は、下記の/etc/apache2/conf-available/fqdn.confファイルを作成し、有効にする。
$ sudo nano /etc/apache2/conf-available/fqdn.conf
ServerName hogeserver
$ sudo a2enconf fqdn
$ sudo service apache2 restart

関連記事

以前の記事で「Ubuntu 18.04 LTS Server」をインストールした。 続いて、WordPressなどを動かす準備として、...
LAMP環境(Linux + Apache + MySQL + PHP)が揃ったので、WordPress(ブログサーバ)を使えるようにする。...

参考

  1. Ubuntu 18.04 (LTS) LAMP server tutorial with Apache, PHP 7.2, and MySQL
Webページ(ホームページ)サーバ「Apache」を稼働させる。 インストール $ sudo apt install apache2 ...
Apacheサーバが動くようになったので、PHP-markdownライブラリーを動かす準備として、PHPが動くようにしておく。 PHP-ma...
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする