【Ubuntu 16.04 LTS Server】apache2のユーザ公開WebフォルダでPHP実行を許可

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

以前の記事で、Apache2でユーザごとの公開Webフォルダ(~/public_html/)を、Web公開するようにしたが、デフォルトではPHPの実行ができない。実行できるようにしたので備忘録を残す。

Webページ(ホームページ)サーバ「Apache」を稼働させる。 インストール $ sudo apt install apache2 ...

対策

apacheの設定ファイルを編集し、下記行をコメントアウトする。

$ sudo -e /etc/apache2/mods-available/php7.0.conf
#<IfModule mod_userdir.c>
#    <Directory /home/*/public_html>
#        php_admin_flag engine Off
#    </Directory>
#</IfModule>

apache2を再起動

$ sudo service apache2 restart

動作確認

~/public_html/test.phpの下記ファイルを作成

<?php
print "ようこそ!";
?>

Webブラウザから表示

http://<サーバIP>/~<ユーザ名>/test.php

実行例

これで、ユーザ公開WebフォルダでもPHPが実行できた。

参照記事

スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする