【Ubuntu 16.04 LTS Server】Webサーバ「Apache2」を使う

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

Webページ(ホームページ)サーバ「Apache」を稼働させる。

インストール

$ sudo apt install apache2

Webブラウザで、サーバのIPアドレスを入力し動作確認

「Ubuntu default page」が表示される

http://<サーバIP>/

インストールするだけで動作する。ホームページのデフォルトフォルダは /var/www/html

ユーザごとの公開ディレクトリ

$ sudo a2enmod userdir
$ sudo service apache2 restart

下記内容の ~/public_html/index.html をファイルを作り動作確認

<html>
<head><title>Test page</title></head>
<body>
<p>This is a test.</p>
</body>
</html>

Webブラウザで、下記URLを表示して確認

http://<サーバIP>/~<ユーザ名>/

ホームページ格納フォルダ作成し表示させる

デフォルトフォルダ /var/www/html で運用してもよいが、別のフォルダ /var/www/homepage を作ってそこで運用していくことにする。

ホームページ格納フォルダの作成

$ cd /var/www
$ sudo mkdir homepage

ホームページフォルダに書き込めるアクセス権の設定

$ sudo chgrp <hoge> homepage
$ sudo chmod 775 homepage

/etc/apache2/sites-available/homepage.conf にバーチャルホスト定義ファイルを作成する

<VirtualHost *:80>
    # The ServerName directive sets the request scheme, hostname and port that
    # the server uses to identify itself. This is used when creating
    # redirection URLs. In the context of virtual hosts, the ServerName
    # specifies what hostname must appear in the request's Host: header to
    # match this virtual host. For the default virtual host (this file) this
    # value is not decisive as it is used as a last resort host regardless.
    # However, you must set it for any further virtual host explicitly.
    #ServerName www.example.com

    ServerAdmin webmaster@localhost
    DocumentRoot /var/www/homepage

    # Available loglevels: trace8, ..., trace1, debug, info, notice, warn,
    # error, crit, alert, emerg.
    # It is also possible to configure the loglevel for particular
    # modules, e.g.
    #LogLevel info ssl:warn

    ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/error.log
    CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/access.log combined

    # For most configuration files from conf-available/, which are
    # enabled or disabled at a global level, it is possible to
    # include a line for only one particular virtual host. For example the
    # following line enables the CGI configuration for this host only
    # after it has been globally disabled with "a2disconf".
    #Include conf-available/serve-cgi-bin.conf

</VirtualHost>

デフォルトホームページを切り換える

$ sudo a2dissite 000-default
$ sudo a2ensite homepage
$ sudo service apache2 restart 

設定ファイルの確認

設定ファイルを書き換えたら、以下のコマンドでエラーがないか確認

$ sudo apache2ctl configtest

/var/www/homepage/index.html を作成し、Webブラウザで表示するのを確認

http://<サーバIP>/

補足

  • apache2再起動や apache2ctl configtest時にAH00558が発生する場合は、下記の/etc/apache2/conf-available/fqdn.confファイルを作成し、有効にする。
ServerNmae hogeserver

参考

  1. ubuntuにおけるapache2のAH00558エラーを解決する。
  2. apache2再起動時にAH00558が発生する
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする