【Ubuntu 16.04 LTS Server】ApacheのSSL通信(https)を試す(サンプルSSL証明書を使う)

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

以前の記事でApacheでWebサーバを構築したが、SSL通信(https)の機能を試してみる。ここ最近GoogleもSSL対応を推奨しているようで、お家サーバもSSL対応の検討していく。

Ubuntu 16.04 LTS Serverでは、SSL通信を行うぶんには、Apacheのインストール時にサンプルのSSL証明書が自動的に作成されるので、サービスを有効するだけで利用できるようになっている。

Webページ(ホームページ)サーバ「Apache」を稼働させる。 インストール $ sudo apt install apache2 ...

Apacheの設定

SSLモジュールとバーチャルホストの有効化

$ sudo a2enmod ssl
$ sudo a2ensite default-ssl
$ sudo service apache2 restart

nmapで通信ポートの確認

$ nmap localhost

Starting Nmap 7.01 ( https://nmap.org ) at 2017-03-18 16:24 JST
Nmap scan report for localhost (127.0.0.1)
Host is up (0.00029s latency).
Other addresses for localhost (not scanned): ::1
Not shown: 988 closed ports
PORT     STATE SERVICE
80/tcp   open  http
443/tcp  open  https

443ポートがオープンされている。これで、サンプルのSSL証明書でのSSL通信が可能になっている。

Webブラウザからhttps://[サーバIP]でアクセス

Firefoxでの画面例。サンプル証明書なので、下記のような警告画面が出るが例外登録し表示できるようにする。

画面1

「エラー内容」ボタンを押す

画面2

警告内容を確認し、「例外を追加…」ボタンを押すと下記画面になる。

画面3

「セキュリティ例外を承認」ボタンを押す

画面4

これで、HTTPS://でWebページが表示できた。

補足

  • Webブラウザで例外登録すると、以降は警告はでない。
  • 私的に使う分には、このサンプルのSSL証明(オレオレ証明書)でいいかもしれないが、公にインターネットに公開するには、正式なSSL証明書を取得する必要がある。
  • http://https:// は別のバーチャルホストで動作しているので、別のページを表示する事も可能。

参照記事

参考

  1. 第387回 UbuntuでSSLを利用したサービスを構築する
  2. GoogleのHTTPSサイト優遇方針で待ったなし! Webサイト常時SSL化の効果と実装ポイント
スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする