【Ubuntu 16.04 LTS Server】phpMyAdminをインストール

スポンサーリンク
728×90 ビッグバナー

前記事でMySQLサーバをインストールしたが、WebブラウザからMySQLサーバを操作できるツール「phpMyAdmin」を使えるようにする。尚、MySQL,Apache2,PHPは事前にインストールしておく必要があるので関連記事を参照。

準備

phpMyAdminパッケージのインストール。

$ sudo apt install phpmyadmin
  • Webサーバの種類を聞かれるので「apache2」を選択。
  • dbconfig-commonで設定しますか?と聞かれるので「yes」を選択。続いてMySQLサーバ上の「phpmyadmin」ユーザのパスワードを聞かれるので2回入力。

apache2サーバの設定

下記の/etc/apache2/conf-available/phpmyadmin.confファイルを作成。
ローカルネットからのアクセスのみ許可するようにする。

# phpMyAdmin configuration
Include /etc/phpmyadmin/apache.conf

<Directory /usr/share/phpmyadmin>
   Order deny,allow
   Deny from all
   Allow from 192.168.
</Directory>

下記コマンドで、サイトの有効化とApacheの再起動。

$ sudo a2enconf phpmyadmin.conf
$ sudo service apache2 restart

WebブラウザからphpMyAdminにアクセス

http://<サーバIP>/phpmyadmin/

下記のログイン画面が表示される。

phpMyAdmin画面1

パッケージをインストール時に入力した、phpmyadminrootユーザのIDとパスワードを入力。下記画面が表示される。

phpMyAdmin画面2

補足

  • Linux + Apache + MySQL + PHPの 環境を、頭文字をとって「LAMP」と呼ぶらしい。

参照記事

参考

  1. phpMyAdmin
  2. Ubuntu 16.04 LTS : MariaDB : phpMyAdmin インストール : Server World
  3. ゼロから始めるPHP講座Vol21 phpMyAdminの基礎と使い方①Code部
  4. phpMyAdminの使い方
  5. ubuntu server :: MySQL
  6. さくらVPSでUbuntu 16.04のサーバにWordpress環境を作る – Qiita
  7. Installing LAMP+PhpMyAdmin On Ubuntu 16.04 LTS | Server.lu
  8. Ubuntu で MySQL – Qiita
  9. phpMyAdminのセキュリティ対策を3種類実施(エイリアス変更/アクセス制限/SSL通信) | デフよん

スポンサーリンク
レシポンシブ広告
レシポンシブ広告

シェアする

フォローする