【RTX1200】DNS問い合わせをIPv6対応にする

スポンサーリンク

以前の記事で紹介したように、RTX1200でIPv6プラスを使って、IPv6通信対応にした。

ヤマハルータ「RTX1200」をIPv6プラスで使う
前記事で、RTX1200のIPv4 PPPoE接続によるインターネット通信環境とL2TP/IPsecのVPNサーバを構築したが、RTX1200配下はIPv4通信なので、IPv6通信も使えるようにする。我が家の通信環境は@niftyのv6プ...

ただ、なんだかmacパソコンで使っていると、起動時の最初のWeb応答が遅い時があった。きちんと表示はできるので、DNSあたりに問題がありそう?…とずっと思っていたのだが、ようやく原因がわかったので備忘録を残す。

ipv6-testの通信テスト実施

下記URLの「ipv6-test.com」を実行してみた。

IPv6 test - IPv6/4 connectivity and speed test
IPv6-test.com is a free service that checks your IPv6 and IPv4 connectivity and speed. Diagnose connection problems, discover which address(es) you are currentl...

【実行結果】
画像01

上の結果をみると、DNS6での問い合わせに失敗している。

RTX1200のConfig設定を確認&変更

RTX1200のDNS関係のConfig設定を確認すると、下記のデフォルト状態になっている。

dns server pp 1
dns server select 500001 pp 1 any . restrict pp 1
dns private address spoof on

これは、DNS問い合わせは、pp接続側(IPv4)に流すという設定になっている。
以前の記事で紹介したIPv6通信は、lan2側に通すようにしているので、DNS問い合わせは、lan2側に流すように変更が必要。尚、IPv6プラスなのでlan2側はIPv4通信も可能。

下記コマンドを実行して、pp側のDNS設定を消して、lan2へのDNS設定を追加する。

# no dns server pp 1
# no dns server select 500001 pp 1 any . restrict pp 1
# dns server dhcp lan2
# clear dns cache

最終的には、DNS関係は下記のようになった。

dns service fallback on
dns cache max entry 1024
dns server dhcp lan2
dns private address spoof on

ipv6-testの通信テストで確認

設定変更後、「ipv6-test.com」を実行。

【実行結果】
画像02

これで、DNS6問い合わせも成功するようになった。
この処置で、全般的にWeb応答が改善した。

参考

  1. IPv6通信ができているか確かめる
  2. RTX1200でv6オプション向けIPv4/v6デュアルスタック設定
  3. 今更ですが、自宅のルーターをIPv6対応にしてみました
  4. 59.28 DHCPv6 の状態の表示

コメント

タイトルとURLをコピーしました