【RTX1200】外部に公開するポート番号と内側ポート番号が異なる静的IPマスカレード設定

スポンサーリンク

ヤマハのルータ「RTX1200」で、SSHのポートを外部に公開した時のメモです。
流石に、22番ポートのまま公開すると外からの攻撃が怖いので、違うポート番号(例えば4202)で外部に公開する設定をします。

Webの管理画面の「静的IPマスカレードの登録」で設定したいのですが、ポート番号を入れる場所が一つしかないので、一見出来ないのかと思っていたら、下記画面ように「4202=22」と入力する事で出来ました。

画像01
画像02

続いて、フィルターで22番ポート通過するように静的フィルタを設定します。

画像03
画像04

もちろん、コマンドからのconfig設定もできるのですが、nat設定、filter設定、secure設定を間違いなく行う必要があります。

補足

  • RTX1200では、NAT変換(静的マスカレード)の後で、フィルタの精査が実行されるとの事です。なので、変換後のポート番号でフィルタ定義する。

参照記事

ヤマハルータ「RTX1200」をフレッツ光ネクスト隼で使う(L2TP/IPsec VPNサーバでiPhoneから接続)
この9月に新しくリリースされたアップルのiOS10とmacOSでは、PPTPのVPN接続が廃止された(過去記事)。これまで我が家ではヤマハのルータNVR500を使ってインターネット環境を構築していたが、NVR500のVPN接続はPPTPだ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました