電子メトロノームのテンポを体感できる振動ユニット SEIKO「BU10」

スポンサーリンク

以前の記事で、電子メトロノームを紹介した。

アナログ音にこだわった電子メトロノーム
電子音のタイプの電子メトロノームをいくつか使ってみたのですが、音が耳に突き刺す感じで、どうも馴染めない。そこで、アナログチックな音質の電子メトロノームを探した。SEIKO SQ60 メトロノームお気に入りの電子メトロノーム SEIK...

発表会などでテンポを合わせたい時に、メトロノームの音を消して、目でテンポ確認してたりしたのだが、緊張してるなか演奏しながらだとなかなか難しい。そこでテンポを振動で感じられるメトロノームを探した。

SEIKO BU10 振動ユニット

電子メトロノームのイヤフォン端子に接続して使う、振動を体感できるビートユニット SEIKO BU10 を購入。

画像10

他メーカには手首に巻くタイプのものや、Apple Watchのアプリでもできるようだが、けっこう高価だし長時間の利用では耐久性が気になる。これは、丈夫そうで比較的手頃な値段で重宝しそう。

主な仕様

  • テンポ動作範囲: 1~300回/分
  • 振動強さ調節: 2段階(弱/強)
  • ケーブル長さ: 140cm
  • 入力プラグ: φ3.5mmモノラル
  • 電源: 単4形アルカリ乾電池×2本

画像04

スイッチで振動の強さは2段階から選択。クリップでベルトやポケットなどにも固定できる。

電子メトロノームに接続

イヤフォン端子に接続して使用。

画像05

スマホに接続

いつもヘッドフォンを繋いで音楽を聴いてるBluetoothレシーバで、無線接続してiPhoneのメトロノームアプリで使ってみた。この構成でも、ちゃんと振動する。これは便利^^♪(Bluetooth内蔵の振動ユニットもSEIKOさん作って欲しいなぁ。笑)

画像06

  • ここで使ったアプリは「KAWAI メトロノーム」。これもアナログチックな音が出せてお気に入り。

紹介動画

メトロノームを振動で体感する SEIKO BU10
SEIKO BU10 テンポを振動で感じる!

補足

  • ボリューム調整して、ある程度信号を大きくしないと振動しない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました